門井慶喜『定価のない本』(創元推理文庫)

イベント情報







読書会等のイベントは お知らせ をご覧ください。





読書会の申し込みは「こちら」からどうぞ。

参加希望日を選択の上ご連絡ください。

今日のブログ

こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会の運営をしています。

また、ブログ、SNSやポッドキャスト等の発信活動を通して、本の魅力や読書の素晴らしさを伝えています。

 

今回紹介する本は、門井慶喜さんの『定価のない本』(創元推理文庫)です。

2022年冬に三省堂書店 神保町本店で購入をしました。

 

作品の舞台は東京神田の神保町です。

本が好きな方なら一度は聞いたことがあるでしょう。

実際に多くの本屋さんで溢れています。

本好きならテーマパークに行くよりもたのしいのではないかと半分冗談ですが思っています。

 

作品の時代は戦後まもなくです。

古本屋の店主が不審な死を遂げます。

自殺なのか他殺なのか、はたまた事故なのか分かりません。

その事後処理をすることになった古本屋の店主が物語の主人公です。

戦後すぐなのでGHQが物語に大きく関わってきます。

戦後と戦前では天皇に対する考え方が異なります。

新しい歴史観を植え付けるためにとられた政策も多々あります。

それらによって日本人として本当に大切なものを失っていないかは考えなければいけません。

 

戦争自体を肯定するつもりはありません。

戦争を通しても続いてきた考え方そのものが悪いかと言われると必ずしもそうではないと思います。

本には思想が詰まっています。

それを渡し、なかったことにしてしまうと一つの思想がなくなってしまうことにつながりかねません。

 

印象に残ったところを紹介します。

いまの日本人はみんな、古典が読めるのは当たり前だと思ってる。

水が無料で飲めるようなものだって。

でも古典は、水とはちがう。

水のようにもともと『そこにある』ものじゃない。

誰かが明確な意志と、知識を以て、それにいくらか偶然の力も借りて、いっしょうけんめい努力しなけりゃあ『そこにある』ことは不可能なんだって

(中略)

つまり古典は『のこる』ものじゃない、誰かが『のこす』ものなんだ。

門井慶喜『定価のない本』(創元推理文庫)(p353〜354)

一言に本屋さんといってもいろいろな種類があります。

どれがいいではなくて役割の話です。

古本屋は作家の魂を扱う場所だと随筆で読んだのを思い出しました。

自分も本の良さを語り継ぐ一端を担うことができればと思います。

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


竹田信弥『めんどくさい本屋 100年先まで続ける道』(本の種出版)

高井浩章『おカネの教室 僕らがおかしなクラブで学んだ秘密』(新潮文庫)

関連記事

  1. 櫻井とりお『虹いろ図書館のへびおとこ』を読んで、…

    読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。「本を語る、人…

  2. 幕の内弁当を食べるように

    旅のお供に本を持っていきます。なるべく荷物にならないように文庫本を選ぶこ…

  3. 高井浩章『おカネの教室 僕らがおかしなクラブで学…

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。「…

  4. いい人が周りにたくさんいる人生

    今回紹介する本は、ファン・ボルムさん(牧野美加さん訳)『ようこそ、ヒュナム洞…

  5. 重松清『カレーライス 教室で出会った重松清』(新…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  6. コナン=ドイル/作 日暮まさみち/訳 若菜等+K…

    小学生の頃に買った積読本を消化しました。今回紹介する本は、コナン=ドイル…

  7. 頭やお金よりも大切なこと

    今回紹介する本は、ダニエル・キイスさん(小尾芙佐さん訳)『アルジャーノンに花…

  8. 森沢明夫『大事なことほど小声でささやく』(幻冬舎…

    読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピスト…

Twitter でフォロー

PAGE TOP