小野寺史宜『ライフ』(ポプラ文庫)

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ をご覧ください。





読書会の申し込みは「こちら」からどうぞ。

参加希望日を選択の上ご連絡ください。

今日のブログ

こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会の運営をしています。

また、ブログ、SNSやポッドキャスト等の発信活動を通して、本の魅力や読書の素晴らしさを伝えています。

 

今回紹介する本は、小野寺史宜さんの『ライフ』(ポプラ文庫)です。

以前、読書会で紹介いただいた本です。

 

物語の主人公は井川幹太という青年です。

二社勤めた会社を辞めており、今はコンビニのアルバイトをしながら結婚式の代理出席等をしています。

日常の生活を送りながら、周りの環境や接する人から影響を受けていきます。

 

幹太は学生時代から同じアパートに住んでいます。

学生時代は学生同士でつるんでいましたが、卒業後は離れ離れになり、「いつか会おう」の約束がなかなか実現しない状況です。

同じアパートに住む人にも変化があり、ある時、上の階に住んでいる人の足音が大きいことに気づきます。

ただ、関係性を意識して直接言うことをしないでおいています。

 

自身の家族にもついて触れられています。

父親が浮気をしましたが、病気が見つかったことにより母親が最期まで看取りました。

その後、母親は再婚をしました。

コンビニでバイトをしていることから就職の案内等を受けるところもありました。

 

印象に残ったところを紹介します。

「砂糖とミルクぐらいは置いときな。

自分がつかわなくても、そのぐらいは当たり前に置いておく。

人の生活って、そういうもんだよ」

小野寺史宜『ライフ』(ポプラ文庫)(p39)

幹太の母がアパートに訪れ、コーヒーを飲み、去り際に言った言葉です。

「そういうもんだよ」ということがそういうものなのかと感じました。

 

何か特に大きな出来事が起こるわけではありません。

人と人との出会いやつながりから幹太の考え方が少しずつ変化していきます。

私は近所トラブルもなく、かといって同じところに住む人たちとはすれ違った時にあいさつをするくらいです。

 

時として近所の人からも何か影響を受けたり、考えたりすることはとても大切なんじゃないかと思いました。

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


みんなの日記サークル(ファシリテーター:pha)『15人で交換日記をつけてみた』

鈴木晶子+山本英里+三宅隆史『わたしは10歳、本を知らずに育ったの。』(合同出版)

関連記事

  1. 川村元気『億男』を読んで、お金と幸せについて考え…

    第68回「本の話をしよう」で紹介した一冊は、川村元気さんの『億男』です。…

  2. 幸村しゅう『私のカレーを食べてください』(小学館…

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。「…

  3. 夜の底が白くなった。

    今回取り上げる本は、川端康成『雪国』(新潮文庫)です。古典と呼ばれる作品…

  4. 文字が読めること、文章を味わうことができること

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  5. 立川談四楼『ファイティング寿限無』(祥伝社文庫)…

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

  6. 故郷とはそこにあるもの

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。「…

  7. 別のことを考えながら読んでもいい

    小説の楽しみはそのストーリーを味わうところにあります。しかしそれだけが全…

  8. 万城目学『八月の御所グラウンド』(文藝春秋)

    今回紹介する本は、万城目学さんの『八月の御所グラウンド』(文藝春秋)です。…

Twitter でフォロー

PAGE TOP