凪良ゆう『流浪の月』を読んで考える「事実と真実」と「愛」

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

今回は、本の紹介です。

 

紹介する本は、凪良ゆう『流浪の月』(東京創元社)です。

2020年の本屋大賞受賞作品です。

本屋大賞を受けて読んだ方からおもしろかったよと評判を聞き、図書館で予約していました。

ようやく順番が回ってきたという感じです。

周りが良いと言っていた作品は総じてもっと早く読むべきだったと思うのですが、こちらの本もそうでした。

 

簡単にあらすじを紹介します。

更紗という女性が物語の主人公で一人称語りで進んでいきます。

9歳のときから話が始まります。

訳あって伯母の家にお世話になることになりますが、居心地のわるさを感じます。

あるとき、公園にいたロリコンと噂される大学生であった佐伯文という青年に出会い、ついていきます。

そのままマンションでの不自由ない解放された生活を2ヶ月送りますが、誘拐事件としてメディアでも取り上げられます。

ただ、更紗としても合意の上での同居であり、文に対するひとつひとつの発見が新鮮なものと感じていました。

あるとき、動物園に行きます。

そこで通報されて、文は連行され離れ離れになってしまいます。

それでも更紗の心の中に文は消えることなく残り続けます。

それから時が経ち、大人になりあることがきっかけで更紗と文は再会することになります。

そこから話が進んでいきます。

 

事実と真実というものをとても考えさせられました。

少女期の更紗が文の家で2ヶ月過ごすことは側からみれば、誘拐であり監禁という事件です。

合意があったとはいえ更紗は警察に言えない心境でもありましたし後悔もしています。

他からは辛い思いをしたんだなとか加害者に感情移入するストックホルム症候群ではないかと同情されますが、更紗としてはちっとも分かっていないという感情です。

大人になってからの更紗には恋人もいましたが暴力を振るわれたり、自分の考えを無視されたりと心の穴を埋める存在ではありませんでした。

男女が大人になれば、結婚という形も見えてくるのかなと思います。

しかし、それが全てでもなければ人に対する思いを「愛」の一文字で片付けるのも違う気がします。

 

わたしのこの小説での渾身の一節はこちらです。

世の中に『本物の愛』なんてどれくらいある? よく似ていて、でも少しちがうもののほうが多いんじゃない? みんなうっすら気づいていて、でもこれは本当じゃないからと捨てたりしない。本物なんてそうそう世の中に転がっていない。だから自分が手にしたものを愛と定めて、そこに殉じようと心を決める。それが結婚かもしれない。

凪良ゆう『流浪の月』(東京創元社)(p140)

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、よりよい一日をお過ごしください。

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




音声でも本の紹介をしています

noteもやっています!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


正しい情報を見極めろ!『成功したければ本を読め!』

齋藤孝『読書する人だけがたどり着ける場所』を読んで、読書術のヒントを得る

関連記事

  1. 森沢明夫『大事なことほど小声でささやく』(幻冬舎…

    読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピスト…

  2. 東山彰良『僕が殺した人と僕を殺した人』(文春文庫…

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

  3. 原田ひ香『三千円の使いかた』(中公文庫)

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

  4. ディケンズ『クリスマス・キャロル』を読んで考える…

    本を一冊読み終えましたので紹介動画を撮ってみました。「本を語る、人と繋が…

  5. 中脇初枝『きみはいい子』(ポプラ文庫)

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

  6. 木内昇『茗荷谷の猫』(文春文庫)

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

  7. 重松清『カレーライス 教室で出会った重松清』(新…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  8. 原田マハ『生きるぼくら』(徳間文庫)

    読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。「本を語る、人…

Twitter でフォロー

PAGE TOP