頭やお金よりも大切なこと

イベント情報







読書会等のイベントは お知らせ をご覧ください。





読書会の申し込みは「こちら」からどうぞ。

参加希望日を選択の上ご連絡ください。

今日のブログ

今回紹介する本は、ダニエル・キイスさん(小尾芙佐さん訳)『アルジャーノンに花束を』(早川書房 ダニエル・キイス文庫)です。

 

職場の同僚が読んでいると聞き、数十年ぶりに再読しました。

近年では、ヨルシカというバンドが「アルジャーノン」という曲を出しており、その影響もあってか若い世代にも読まれているようです。

 

物語の主人公はパン屋で働く青年、チャーリイ・ゴードンです。

32歳ですが、IQはわずか70ほどしかありません。

 

ある時、大学の教授が彼の知能を向上させる手術を提案します。

その手記という形式で物語が進行していきます。

手術の実験に使用されたネズミの名前がアルジャーノンです。

 

手術を終えると、彼の生活は一変します。

読者として感じるのは、彼の文章が一変することです。

翻訳者の小尾さんが苦労したであろうその訳文には、彼の内面の変化が如実に表れています。

 

チャーリイは以前は見えなかったものが見えるようになりますが、急速な知的成長に心が追いつかない部分もあります。

また、過去の出来事を新たな視点で俯瞰することで、新たな考えが生まれることもありました。

 

彼のIQは185に上昇し、周囲とのコミュニケーションに問題を抱えるようにもなります。

知識欲は変わらず、あらゆる分野に興味を示します。

ついには大学の教授をも凌駕するレベルの知識を身につけ、周囲を圧倒します。

 

しかし、知能が向上したことが本当に幸せだったのか疑問が残ります。

彼自身は賢くなりたいと願っていましたが、周囲の人々は彼に距離を置くようになります。

また、過去には気にしなかったことに苦しみを覚えることもありました。

 

アルジャーノンとチャーリイに施された手術は実験的なものでした。

ある日、アルジャーノンに退行が現れ、様子の変化が見られます。

チャーリイはその研究成果を「アルジャーノン・ゴードン効果」と名付け、自らの運命を予見します。

 

そこから、この物語は一気に読み進める手が止まらないほど魅力的でした。

人は皆、幸せになりたいと願うでしょう。

より知的に、より裕福になりたいと思うこともあります。

しかし、その変化が本当に幸せをもたらすかどうかは分かりません。

現在の状態が最も幸せなのかもしれません。

 

印象に残ったところを紹介します。

知能は人間に与えられた最高の資質のひとつですよ。

しかし知識を求める心が、愛情を求める心を排除してしまうことがあまりにおおいんです。

ダニエル・キイス『アルジャーノンに花束を』(早川書房 ダニエル・キイス文庫)(p393)

生きていくうえで大切なことに気づかせてくれる、そのような小説でした。

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


第125回 札幌ゼロ読書会「本の話をしよう」開催しました

ほしいものは向こうからやってくる

関連記事

  1. コナン=ドイル/作 日暮まさみち/訳 若菜等+K…

    小学生の頃に買った積読本を消化しました。今回紹介する本は、コナン=ドイル…

  2. 夜の底が白くなった。

    今回取り上げる本は、川端康成『雪国』(新潮文庫)です。古典と呼ばれる作品…

  3. 中脇初枝『きみはいい子』(ポプラ文庫)

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

  4. 梨木香歩『西の魔女が死んだ』(新潮文庫)

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

  5. いい人が周りにたくさんいる人生

    今回紹介する本は、ファン・ボルムさん(牧野美加さん訳)『ようこそ、ヒュナム洞…

  6. サン=テグジュペリ 河野万里子 訳『星の王子さま…

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  7. 幕の内弁当を食べるように

    旅のお供に本を持っていきます。なるべく荷物にならないように文庫本を選ぶこ…

  8. 櫻井とりお『虹いろ図書館のへびおとこ』を読んで、…

    読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。「本を語る、人…

Twitter でフォロー

PAGE TOP