夜の底が白くなった。

イベント情報







読書会等のイベントは お知らせ をご覧ください。



メールでの参加申し込みは、



読書会の申し込みは「こちら」からどうぞ。

参加希望日を入力の上ご連絡ください。

今日のブログ

今回取り上げる本は、川端康成『雪国』(新潮文庫)です。

古典と呼ばれる作品にも積極的にチャレンジしていきたいと思っています。

『雪国』は、ずっと読みたいと思っていましたが、今回、円錐書店で見つけたので迷わずに購入しました。

裏表紙には「川端文学の美質が完全な開花を見せた不朽の名作」とあります。

親の脛をかじって生きていた島村が雪国の温泉町で芸者の駒子と出会います。

駒子の生き方に感銘を受けますが、一線を越えようとはしないお話です。

 

以前といっても相当前ですが、天狼院書店のライティングゼミを受講したことがあります。

そのときにむずかしい言葉を使わずにわかりやすい言葉で書くことを心がけましょうと習いました。

そのときの代表例が『雪国』の第2文目でした。

書き出しは有名ですね。

国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。

その次が、

夜の底が白くなった。

です。

この文でその後の作品の雰囲気を決定づけるぐらいぐっとくるものがありました。

「夜」「底」「白い」という単語を知っていても自分はこの表現にはたどり着けないです。

また、わかりやすい文章だからこそ翻訳もされて、ノーベル文学賞も受賞されたのだと思っています。

他の作品も色々読んでみようと思います。

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


死ぬまで学び続ける覚悟を持つ。

表現する手段に制限をかける

関連記事

  1. 川村元気『億男』を読んで、お金と幸せについて考え…

    第68回「本の話をしよう」で紹介した一冊は、川村元気さんの『億男』です。…

  2. 故郷とはそこにあるもの

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。「…

  3. 森沢明夫『大事なことほど小声でささやく』(幻冬舎…

    読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピスト…

  4. 梨木香歩『西の魔女が死んだ』(新潮文庫)

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

  5. コナン=ドイル/作 日暮まさみち/訳 若菜等+K…

    小学生の頃に買った積読本を消化しました。今回紹介する本は、コナン=ドイル…

  6. ディケンズ『クリスマス・キャロル』を読んで考える…

    本を一冊読み終えましたので紹介動画を撮ってみました。「本を語る、人と繋が…

  7. 本気は報われる

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。「…

  8. 星新一『きまぐれロボット』(角川文庫)

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

Twitter でフォロー

PAGE TOP