死ぬまで学び続ける覚悟を持つ。

イベント情報







読書会等のイベントは お知らせ をご覧ください。



メールでの参加申し込みは、



読書会の申し込みは「こちら」からどうぞ。

参加希望日を入力の上ご連絡ください。

今日のブログ

2024年1月22日にオンラインで北海道致知若獅子の会が開催されました。

そこで発表した感想文をアップします。

若獅子の会は参加メンバーを募集しています。

まずは『致知』を読んでみたいという方もご連絡お待ちしています。

特集『人生の大事』を読んで

今回の特集テーマは「人生の大事」でした。

これからどうしていくかの見通しを立てることは大切であり、それを考えた上で今、どうするかを考えることがより大切だと考えます。

「人生百年時代」という言葉が浸透していますが、誰しもが百歳になったときに生涯を終えるわけではありません。

当然ながら、それより長く生きる人もいれば、短い人もいます。

あとこれくらいあるだろうと思っていても、予定通りにはならないでしょう。

ならばなおのこと、今できることに集中して積み上げていくことが大切だと感じました。

 

今回の特集記事では、作家の五木寛之氏と尼僧の青山俊董氏が特に印象に残りました。

青山氏の「とにかく病気というものはたくさんの大切なことを教えてくれる大変ありがたい財産です」という言葉が心に残りました。

私は病気を経験して大学を中退しました。

療養期間を経て働けるようになりましたが、周囲を見て遅れているような気分になることもありました。

それでも働き続ける中で他人と比べることに意味はなく、自分を軸に過ごすことが大切だと感じました。

大学を中退した過去を変えることはできません。

どのような未来がやってくるかもわかりません。

それでも今の視点から過去への解釈はいくらでも変えることができます。

もし大学をなんとか続けていて、そのまま進んでいたらもっと迷惑をかけることがあったかもしれないと考えると、病気というものは気づきを得ることができた最速であり最善のタイミングであったのかもしれません。

ガンジーの「明日死ぬかのように生き、永遠に生きるかのように学ぶ」という言葉も印象的でした。

学び続ける姿勢こそがこれからの時代に求められる最低限のスキルであるように思います。

『致知』を通して人間学を学んでいますが、こうすべきだと思ってもそれを続けていくことは難しいです。

だからこそ学ぶということは修行なのだと感じています。

多くの書物を読み吸収していきたいです。

まずは、その根底にある人間学を致知を通してこれからも学び続けたいと思います。

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


?から!の大きさがミステリーの魅力

夜の底が白くなった。

関連記事

  1. 致知2022年11月号 特集「運鈍根」

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

  2. 北海道致知若獅子の会 2023年2月 特集『積善…

    2023年2月20日(月)にオンラインで北海道致知若獅子の会が開催されました…

  3. 2020年9月致知若獅子の会に参加をしました!

    『致知』という月刊誌を購読しています。「本を語る、人と繋がる」をテーマに…

  4. 特集「敬、怠に勝てば吉なり」

    致知若獅子の会の12月例会は諸事情より参加できませんでした。感想文は書い…

  5. 2020年8月「致知若獅子の会」に参加をしました…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカ…

  6. 今、やれることをやる

    人間学を学ぶ月刊誌である『致知』の読書会は木鶏会と呼ばれています。特に3…

  7. 致知2021年1月号『運命をひらく リーダーの条…

    2021年1月25日「若獅子の会」が開催されました。致知の感想文を発表し…

  8. 致知2021年2月号 対談『七千人の小児の命を…

    2021年2月22日に開催された「致知若獅子の会」に参加をしました。20…

Twitter でフォロー

PAGE TOP