?から!の大きさがミステリーの魅力

イベント情報







読書会等のイベントは お知らせ をご覧ください。



メールでの参加申し込みは、



読書会の申し込みは「こちら」からどうぞ。

参加希望日を入力の上ご連絡ください。

今日のブログ

旅のお供に本は欠かせません。

移動中に没頭するように読み、たまに外の景色を楽しむのが好きです。

まずは読み終えたあとに荷物となっても大きく影響が出ないように文庫本を選びます。

読み始めた本が合わないなと感じてしまうとその先が苦痛になってしまうので、アンソロジーを選ぶことが多いです。

今回紹介する、『Jミステリー2022 FALL』(光文社文庫)はそのふたつの条件を備えています。

すでに刊行された短編小説の中から編まれることが多いですが、こちらのシリーズは書き下ろしというのもワクワクポイントです。

わたしは東野圭吾さん目当てでいつもこのシリーズを楽しんでいます。

言ってみるとアンソロジーというのは幕の内弁当みたいだなと思います。

ひとつこれといったおかずがあるわけではなく、あらゆる種類のおかずを楽しむことができる感覚があります。

実際にミステリーが好きでありながら、読んだことがある作家さんは東野圭吾さんだけでした。

それでもどの作品も満足でした。

ミステリーと一言に言ってもさまざまな手法があります。

「?」が「!」に変わる瞬間がミステリーの何よりの楽しみです。

当然ながら分量の多いほうが大きな謎を用意することができます。

しかしながら短編小説という限られた分量のなかでまとめ上げるというのは作家の力量が問われるのではないかと思いました。

あとこれしかないのにどうまとめていくのだと思いながらページをめくるのはハラハラ感があって良いものです。

このシリーズは引き続き追っかけていこうと思います。

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


出合った言葉をお守りにする

死ぬまで学び続ける覚悟を持つ。

関連記事

  1. 住野よる『君の膵臓をたべたい』を読んで考える「運…

    第17回「本を語る読書会」で紹介した一冊です。友人からのオススメをきっか…

  2. 木内昇『茗荷谷の猫』(文春文庫)

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

  3. 故郷とはそこにあるもの

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。「…

  4. 原田マハ『生きるぼくら』(徳間文庫)

    読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。「本を語る、人…

  5. 一途の愛は存在するのか

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  6. 重松清『カレーライス 教室で出会った重松清』(新…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  7. コナン=ドイル/作 日暮まさみち/訳 若菜等+K…

    小学生の頃に買った積読本を消化しました。今回紹介する本は、コナン=ドイル…

  8. 文字が読めること、文章を味わうことができること

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

Twitter でフォロー

PAGE TOP