小川未明『小川未明童話集』(新潮文庫)

イベント情報







読書会等のイベントは お知らせ をご覧ください。





読書会の申し込みは「こちら」からどうぞ。

参加希望日を選択の上ご連絡ください。

今日のブログ

こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。

読書セラピストとして本の魅力や読書の素晴らしさを伝えています。

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会の主宰や人間学を学ぶ月刊誌である『致知』の読書会である北海道致知若獅子の会の世話人をしています。

 

今回紹介する本は、小川未明さんの『小川未明童話集』(新潮文庫)です。

おすすめされてお借りしたのをきっかけに読みました。

 

小川未明さんの作品を読むのはこれが初めてでした。

小川未明さんは1882年生まれで戦前から活躍された小説家です。

短編小説のなかでも童話を多く遺されているとのことでした。

1953年には文化功労者に選ばれています。

 

童話というジャンルを読んだのは久しぶりというかなかなか読んだ記憶がありませんでした。

小さい頃から図書館には行っていましたが、そこまで物語を読んでいたわけではありませんでした。

 

普段、小説といった物語を読んでいるとどうしても深読みをしそうになってしまっていることに気づきました。

読んでいく中で「これはきっとこういうことを暗示しているのだろう」みたいなものを無理矢理見出そうとして読んでいるところももしかしたらあったかもしれません。

そのようなことを考えなくても純粋に登場人物の気持ちになって読み進めるだけでも物語のたのしみ方としていいんじゃないかと思いました。

 

この本には25の童話が収められています。

これはどういう意味があるのだろうかと考えるものや登場人物たちのその後を空想させてくれるものなど色々ありました。

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


2022年5月に読んだ本

林和美『写真生活手帖 実践編―大切な想い出の残し方』(ピエ・ブックス)

関連記事

  1. 東山彰良『僕が殺した人と僕を殺した人』(文春文庫…

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

  2. 凪良ゆう『流浪の月』を読んで考える「事実と真実」…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  3. サン=テグジュペリ 河野万里子 訳『星の王子さま…

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  4. 中脇初枝『きみはいい子』(ポプラ文庫)

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

  5. 【精神疾患の世界を覗いてみる】ニール・シャスタマ…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  6. 故郷とはそこにあるもの

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。「…

  7. 本気は報われる

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。「…

  8. 川村元気『億男』を読んで、お金と幸せについて考え…

    第68回「本の話をしよう」で紹介した一冊は、川村元気さんの『億男』です。…

Twitter でフォロー

PAGE TOP