幕の内弁当を食べるように

イベント情報







読書会等のイベントは お知らせ をご覧ください。



メールでの参加申し込みは、



読書会の申し込みは「こちら」からどうぞ。

参加希望日を入力の上ご連絡ください。

今日のブログ

旅のお供に本を持っていきます。

なるべく荷物にならないように文庫本を選ぶことが多いです。

読み始めて相性がよくないなと感じてしまうと先が大変なのでアンソロジーを好みます。

 

今回紹介する本は、『Jミステリー2023 SPRING』(光文社文庫)です。

定期的に発刊されているミステリーのアンソロジーです、

6作品が収められています。

お目当ては東野圭吾さんでした。

もちろん大満足でした。

アンソロジーの良いところは気軽に新しい作家さんの本を読むことができるところにあります。

また、短編作品なのでぎゅっと濃縮された文章で結末がわかりやすくなるのも特徴かなと思います。

 

アンソロジー作品というのは幕の内弁当に似ているなと感じます。

いろいろなおかずが入っています。

お目当てはあれど、それだけ楽しむのではなく、他にも楽しむことができます。

 

初読みの作家さんで特に印象に残ったのは結城真一郎さんの『不必要不可欠な殺人』でした。

ミステリーの核心ではありませんが、冒頭での時間の感じ方についての記述が印象に残りました。

人は二十歳を迎えた時点で、主観的には人生の半分が過ぎているのだという。

結城真一郎『不必要不可欠な殺人』(p 83)

これは心理学的にも証明されているジャネーの法則というそうです。

人は歳を重ねるごとに時間が経つはやさを感じるとよく言われます。

社会人になれば同じような日々を過ごしますし、新しい刺激が減ってしまいます。

だからこそ変化を求めて行動し続けることが大切です。

本を読むというのはまさしく手軽にできる新しい脳への刺激であり、体験です。

読んだことを小さくてもいいので行動に移すことは大切だと日々感じています。

それはビジネス書であっても、小説であっても変わりません。

やりやすさは異なるので無理をせずに続けていけたらいいなと思います。

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


幸せに過ごすためにどうすればいいか考える

いつか会ってみたいナキウサギ

関連記事

  1. 集英社文庫編集部『短編宝箱』(集英社文庫)

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  2. 東山彰良『僕が殺した人と僕を殺した人』(文春文庫…

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

  3. 夜の底が白くなった。

    今回取り上げる本は、川端康成『雪国』(新潮文庫)です。古典と呼ばれる作品…

  4. サン=テグジュペリ 河野万里子 訳『星の王子さま…

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  5. 凪良ゆう『流浪の月』を読んで考える「事実と真実」…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  6. 住野よる『君の膵臓をたべたい』を読んで考える「運…

    第17回「本を語る読書会」で紹介した一冊です。友人からのオススメをきっか…

  7. 光文社文庫編集部・編『Jミステリー2022 SP…

    今回紹介する本は、光文社文庫編集部・編『Jミステリー2022 SPRING』…

  8. 木内昇『茗荷谷の猫』(文春文庫)

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

Twitter でフォロー

PAGE TOP