気分に点数をつける

札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾@shogogo0301)です。

 

わたしはおそらく人よりも、気分の浮き沈みがあります。

なので今のような気分が良い日が続かないことも知っています。

調子が良くないときは職場に行くまでとても億劫なときもあります。

それでも穴をあけることなく働くことができています。

気分に点数をつけて俯瞰的にみる

気分の浮き沈みがある方に試してもらいたいことがあります。

それは自分の気分に点数をつけるというものです。

心は目に見えないものなので主観で構いません。

イベントごとにワクワクしているので「5」

イヤなことがあってなかなか起きれなかったので「1」

このような感じで点数をつけます。

こうすることでなんとなく主観であった気分を俯瞰的に眺めることができるのです。

わたしの目指す気分の点数

気分が「5」に近いときは、これ以上アクセルを踏まないように気をつけようと思います。

逆に「1」のときはずっとこれが続くわけではないと、ちょっと前向きになることができます。

そういう意味でもわたしの目指すところはコンスタントに「3.5」くらいを取り続けることです。

ちょっと調子のいい状態が続いたらいいなぁと思うのです。

まとめ

今日は気分の波を感じる方に試してほしいテクニックについて書きました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




音声でも本の紹介をしています

noteもやっています!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


伊坂幸太郎作品の名言に偶然出会った話

【ストレングスファインダー 】弱みは強みでカバーをする。

関連記事

  1. 札幌ゼロ読書会への思い

    友達の主催するゼロ会という勉強会を通して、自分は読書会を開きたいと思って始め…

  2. 何もしないという選択肢

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  3. 心の状態が未来を決める!

    8月29日に大嶋啓介さんの講演会に行ってきました。予祝、前祝いテーマ…

  4. 「マイナス×マイナス=プラス」を文学的に表現する…

    数学はお好きですか?「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催…

  5. 前略、未来の自分へ

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  6. つながる仲間を増やしたい

    人は組織の中で生活をしています。一番近いところで最初に属するのは家族でし…

  7. 問題にすると問題になる

    コワーキングSaloon札幌をメンバー利用させていただいています。店長の…

  8. 私がよりよく生きるために考えたこと

    毎度同じになってしまいますが、最近は調子が良くも悪くも言えない微妙な感じの日…

Twitter でフォロー

PAGE TOP