文章は最後まで読まなくたっていい。

イベント情報







読書会等のイベントは お知らせ をご覧ください。





読書会の申し込みは「こちら」からどうぞ。

参加希望日を選択の上ご連絡ください。

今日のブログ

毎日何かしらの文章を書くことを自分への課題にしています。

札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。

 

課題にしていると言ってもそこまで深いものではありません。

ブログを毎日更新することです。

最近はまた文字数を2000字にすることを目標にしていますが、それも絶対ではありません。

読み応えのあるちょうどいい文章が2000字というのを聞いたからです。

2000字書いたところで最後まで読まれなければ意味はないし、こちらの伝えたいことが伝わらないと意味はありません。

言い換えると、最後まで読んでもらえて、こちらの意図したことが伝わった文章が結果として2000字くらいだと自分に自信が持てる、という感じです。

そういうことを考えながら今日も書いています。

ちゃんと読まなくていい

あなたは買った本を一字一句しっかりと読んでいるでしょうか?

何をいうんだという方もいらっしゃるかもしれません。

でも、これ結構大切なことなんです。

本が読めないという人に限り、読み飛ばしを苦手としています。

だからと言って、一字一句読んだところで言いたいことがつかめるかというとそういうことはありません。

言いたいことをつかむためににはいくつかポイントがあるのです。

例えば、今日は寒かったということを伝えるときに「寒かった」と言われるのと「手がかじかむくらい寒かった」と言われるのでは、どちらの方が伝わるでしょうか?

先の文章のように、そもそも例えを出すのもわかりやすくするためです。

大事なのは具体例ではなくて、何の具体例かを理解することです。

そのようにすることで読む時間を大幅に短縮することができます。

 

だから、わたしの文章もしっかりと読まなくたっていいと思っているんですよね。

いや、読んでもらいたいのはあります。

読み流して欲しくない気持ちもあります。

 

でも、それはゴールではないです。

読んでくれた人の何かが動かされて、行動へと繋がることほど嬉しいことはありません。

そう思いながら、今日も書きました。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


複写ハガキを書けば人生が変わる

書くことは自分と向き合うことだ。

関連記事

  1. 理念を共有して仲間を集める

    普段はスポーツクラブで働いています。平たくいえばサービス業と言えます。…

  2. 「井の中の蛙、大海を知らず」の続きは?

    noteとの使い分けをどうしようかなと考えながらブログをやっています。で…

  3. 書きたいことを書く

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  4. 私の朝のルーティン

    私の朝のルーティン最近の行動パターンについて書いてみようと思います。…

  5. 数字のキャラクターを感じる

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  6. ハチの数がちょうどいいと思った話

    すべらない話をします。と思ったんですけど、そう思うと結構むずかしいですよ…

  7. 制限の中で

    コロナウイルス関連の話題で持ちきりですね。札幌で「本を語る、人と繋がる」…

  8. キャッチボールのように書く

    朝ちゃんと起きれたときはモーニングページ、起きれなくてもジャーナリングと言う…

Twitter でフォロー

PAGE TOP