「誰に」に向かって書くかが大事!

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

昨日は友達の主催する勉強会「ゼロ会」に参加をしました。

午前中にも読書会に参加したこともあって脳が結構へとへとになってしまいました。

札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。

読書感想文感想文

今回のゼロ会でのワークは「読書感想文感想文」でした。

見開き2ページの文章を読み、それに対する感想文を200字ほどで書き、その感想文を批評し合うというものです。

基本的に書きかたは自由なので、論点は様々になります。

誰かに見てもらって感想を書いてもらうので読んでもらうことが前提の文章です。

200字というのは小学生のときに作文で苦労していたとは思ないほど、分量が少ないです。

それをいかにしてまとめるかという力が問われます。

正しく読み、考え、伝えるために書く。

簡単なようで実は深いワークなんじゃないかと思っています。

普段何気なく書く文章にも相手がいるかを考えなければいけません。

自分の書きたいように書くことももちろん大切なことですが、発信をするなら届ける相手がいることを忘れてはいけません。

ペルソナの設定

文章術の本を読んでいるとターゲットを絞ることの大切さがよく書かれています。

このターゲットのことをペルソナと呼んだりしています。

ペルソナが具体的であればあるほど、自分のことを言ってるんじゃないかと思ってもらえるほど、当然のことですが心に響く文章となります。

今回は、「ゼロ会に参加したメンバー」に書くという条件がありました。

そこには前提条件として、普段わたしがどれだけ本が好きなことなどを知っているわけです。

そういう前提条件を取っ払って書くというのはなかなか難しいものです。

こうしてブログを書いているといつの間にか読んでくれた人が常に読んでくれている感覚になってしまいます。

元々のブログの目的が自分のブランディングの場として、自分を知ってもらうことで読書会への参加をしてもらいやすくすることでした。

そのことを忘れてはいけないなと1日振り返って思ったのです。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


つれづれなるままに

繰り返すことは信念である

関連記事

  1. なんでもない文章が誰かのために

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  2. 文字にお金がかかったら、

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカラで…

  3. ふたつの仕事

    https://twitter.com/shogogo0301/status…

  4. 詩人・文月悠光さんのイベントに参加しました。

    2018年7月6日に俊カフェで開かれた、詩人・文月悠光活動10周年記念お話…

  5. 誰かを救う文章を書きたい

    これはブログに書きたいという出来事はそうそう頻繁には起こらないものです。…

  6. 一冊の本から一つの気づきと一つの行動指針を得る

    一冊の本から一つの気づきと一つの行動指針を得る質問箱というサービスを利用…

  7. 座右の銘はなんですか?

    「座右の銘はなんですか?」と聞かれてパッとすぐに答えることはできますか?…

  8. 札幌ゼロ読書会1周年です!

    おかげさまで本日4月13日の読書会で丸1周年を迎えました。札幌で「本を語…

Twitter でフォロー

PAGE TOP