フジモトマサル『ダンスがすんだ』で「うなるなう」

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカラで癒しと安らぎを与える読書療法士の井田祥吾(@shogogo0301)です。

今日紹介する一冊は第1回居酒屋読書会@けんちゃん家でも紹介したフジモトマサルさんの『ダンスがすんだ』です。

フジモトマサル『ダンスがすんだ』

小さい頃に回文で遊びませんでしたか?

説明不要かと思いますが、回文とは「しんぶんし」や「たけやぶやけた」など上から読んでも下から読んでも同じになる文です。

この本は見開きで右に回文、左にイラストで全編が構成されています。

強引なところもありますが、ちゃんとしたしたストーリーとして流れがあるところも楽しめます。

うなるような長さのものからクスッと笑えるようなものまでどれも楽しめます。

私のお気に入りは「いざいけアジア経済」「ママレードはどーれ、ママ」です。

この記事を書きながら私も考えてみましたが、なかなか思いつかず苦肉で絞り出したのが「唸るなう」でした。

回文の絵本を読んで唸っている今この時と言うことで。

お後がよろしいようで。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




書いている人


第1回「居酒屋読書会@けんちゃん家」開催しました!

尾原和啓『あえて数字からおりる働き方』に学ぶ、「何者」かになる方法。

関連記事

  1. 本を読んだらまず実践する

    今日はわたしが本を読むときに大切にしていることについて書いていこうと思い…

  2. 本を貸す。可愛い「本」には旅をさせよ!

    あなたはどのように本を読むことが多いでしょうか?図書館を利用する方、古本…

  3. あなたに伝えたいことがある。

    わたしは昔から文章を書くのが好きでした。好きなことに気づいたのはつい最近…

  4. 好きなことをやるのではなく、嫌なことはやめるとい…

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  5. 続けやすい仕組みを考える

    人間は習慣の生き物と言われています。習慣が人を作るってやつです。いい…

  6. 何度でもやり直せる社会に

    2018/06/22に天狼院書店で開かれた「暗闇でも走る」の著者安田さんのイ…

  7. 水野仁輔氏のカレーの起源をめぐるノンフィクション…

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  8. 希望のある日々をおくるために

    考えるという行為は確かに特効薬ではないのかもしれません。それが自分の考え…

Twitter でフォロー

PAGE TOP