より良い読書会のために

読書会情報

昨日のコワーキングスペースsaloonで開催した「本を語る」読書会は過去最多の11名での開催となりました。

開催報告は後々あげたいと思いますが、個人的には色々と収穫と反省のある読書会となりました。

こだわりすぎなくてもいい

その中で一つ感じたのは「こだわりすぎなくてもいい」のかなということです。

来ていただいた人が何を求めているのか見極める力はとても大切だと思います。

わたし自身読書会に参加していただいた方と繋がりを持てるのは嬉しいことです。

だからこれからも続けたいと思いますが、参加していただいた方には一度で終わらず、また来ていただける読書会でありたいと思っています。

リードフォーアクション 読書会の形式はとてもいいものだと思っていますが、この「本を語る」読書会の形式としてそこまでこだわらなくてもいいのかなと最近感じ始めました。

リーディングファシリテーター養成講座を受講してから、リードフォーアクション を開催するまで実は4ヶ月ほど開きがあります。

その理由としてはリードフォーアクション を開催する自信がなかったからです。

でも読書会は開催をしていました。

あるとき養成講座の時の講師の方とzoomで相談をしました。

その時、帰って来た答えは「あなたのやっている読書会はファシリテーターの一番苦労するダイアログ(対話)を中心に行っているんですよ」というものでした。

リードフォーアクション を取り入れたらもっと楽にできますよ。というものでした。

実際のところ、わたしもやりやすくなりましたし、本の紹介もやりやすくなりました。

でも、これがベストとは思いたくありません。

色々な読書会

読書会にはもっといい形、いろんな形があると思うのです。

より良い読書会を目指してこれからもやっていきますので、どうぞよろしくお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!

noteもやってます

自己紹介


自分の頭で考える

好きが得意に、専門に。

関連記事

  1. フューチャーマッピングを学びました。

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。今日は頭を使いました。何…

  2. 勉強会に参加しました

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。勉強会「ゼロ会」に参加をしま…

  3. わたしが目指す本屋、ブックコーディネーターとは?

    「井田さんはその肩書きでどうありたいんですか?」今日そんな質問を受けました。札幌で読書会をや…

  4. 小さな一歩を大切にする

    量が質を生む「量が質を生み出す」と言われます。量が先ということなのですが、本当にこれで良いの…

  5. 正しいと思ったことをする。

    札幌ゼロ読書会主催の井田です。何を書いたらいいのか、そもそも書くのが正しいことなのか、それす…

  6. 無目的に書くというのもいいのかもしれない。

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで癒しを与えるビブリオセラ…

  7. プロの仕事はびっくり箱で驚くこと。

    今日はわたしの考えるプロフェッショナルについて考えてみようと思います。札幌で読書会をやってます、…

  8. リライトから得られる「信念と成長」

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です…

読書会情報はこちらから!

友だち追加
PAGE TOP