読む本を減らしてみようかと

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

今回のお話は「読む本の冊数を減らしてみようか」というお話です。

 

毎日のように本を読み、暇さえあれば本を手に取りたいと思っているわたしですが、それって本当に必要なのかとちょっと立ち止まって考えてみたくなったのです。

もちろん本から得た影響というのは計り知れましんし、本のもつ素晴らしさや本を通して人とつながる楽しさはこれからも読書会や読書セラピストとしての活動を通して続けていきたいと思っています。

でも、それとたくさんの本を読むことはイコールではないのではないという気がしてきました。

量と質のどっちが大切なのか問題はどこの業界や分野にも存在しているかと思います。

読むスピードやインプット力に関してはある程度までは量が大切だと思っています。

高校時代に東野圭吾さんの作品に出合って貪るように読んだのがわたしの読書体験の下地みたいになっている感覚があります。

ある程度の文章はそれなりのスピードか人よりも若干は速く読めているのかなという感覚はあります。

それでも、知らない分野は時間がかかるので読書というのはある程度の量が必要です。

量だけ増やすのが良いというわけではなく、わたしの目指す方向性として質を追求する段階に入ってきているのかなと思います。

ただ、読んで面白かったで終わることなく、掘り下げてどこが面白かったかを言語化してブログにしたり動画で表現をする。

そのためにまだまだ学ばなければいけないことはあります。

読んだ本の冊数は記録していきますが、毎月10から15を目標にしていたところを少し低めに、何ならなくしても良いのかなと思います。

読書セラピストとしての発信と活動に注力するため、うまく本に付き合っていきたいなと思います。

(eye catching photo by chiho)

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




毎日note更新してます!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


いつか出合いたい思い出の一冊

翻訳は文字の置き換えではない

関連記事

  1. プロの仕事はびっくり箱で驚くこと。

    今日はわたしの考えるプロフェッショナルについて考えてみようと思います。札…

  2. 天狼院書店と読書会と私

    「あぁ、井田さん、初めまして!」受付開始時間ぴったりに会議室に入ると、女…

  3. 読書は目的?手段?

    昨日、ふと疑問に思ったことがあります。目的、目標と手段は混同しやすいなと。…

  4. 表現することの原点は?

    こんな質問を頂きました。祥吾さんの表現の原点は?「本を語る、人と繋が…

  5. 自分に自信をつけるために

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。一応…

  6. 文字には命が宿る

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  7. 永遠に生きるかのように学びたい

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  8. 健康のうえに成り立つ読書

    年末年始は実家で過ごしました。マイクロソフトオフィス社のビル・ゲイツ氏の…

Twitter でフォロー

PAGE TOP