本は時代遅れのメディアなのか?

「普段若者は家で何をやっているの?」

と聞かれました。

札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。

わたしの答えは

「わたしは若者の中でも変わっているかもしれません」

というものから始まるものでした。

本は古いメディアなのか?

何が変わっているのかというと、わたしの家にはテレビがありません。

ワンセグもありません。

なので、テレビ媒体を見るということがありません。

では何をしているのかというと本を読んだり、ネットをしているわけです。

そうお話しすると、

「本ばかり読んでいて時代に遅れるなよ」

と言われました。

 

果たして本当に本は古いメディアなのでしょうか?

わたしはそうは思っていません。

 

情報のスピードはどうか?

情報のスピードはネットやテレビの方がはやいのかもしれません。

でも本に求めれれるのはスピード感ではないと思っています。

本は何かを生み出す源泉のような役割をしていると思うのです。

アイデアが詰まっているものはそこに存在するだけで価値がきっとあるでしょう。

そこに時間軸はきっと左右されないでしょう。

人間の本質はいつになっても変わらないでしょう。

だからこそ古典を読んでも人は感化されるのだと思っています。

 

わたしの戦う主戦場は?

本が戦う場所は、はやさではないということを書いてきました。

さらにわたしがやりたい本屋さんもネット書店のスピードにはかないません。

とことんスピード感を勝負にしてはいけないところにいるみたいなのです。

そうなってくるとどれだけ時間を深くかけられるかが求められているように思います。

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




音声でも本の紹介をしています

noteもやっています!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


読書会の前日にわたしがやること。

2018/11/09 第22回「本を語る」読書会@BBC開催しました。

関連記事

  1. 未来へのワクワク感

    ゴールデンウィークですがいかがお過ごしでしょうか?札幌で「本を語る、人と…

  2. 毎日、早起きチャレンジ!

    気分の波を感じながら日々生活を送っています。仕方がないところもありますが…

  3. 正しいと思ったことをする。

    札幌ゼロ読書会主催の井田です。何を書いたらいいのか、そもそも書くのが正…

  4. プロの仕事はびっくり箱で驚くこと。

    今日はわたしの考えるプロフェッショナルについて考えてみようと思います。札…

  5. 本を読む時間を意識する

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  6. 習慣化のコツは行動を小さくすること

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  7. 理念を共有して仲間を集める

    普段はスポーツクラブで働いています。平たくいえばサービス業と言えます。…

  8. 勉強会に参加しました

    昨日は友達の主催する勉強会「ゼロ会」に参加しました。札幌ゼロ読書会の名前の…

Twitter でフォロー

PAGE TOP