わたしの読む本の選び方

イベント情報







読書会等のイベントは お知らせ をご覧ください。



メールでの参加申し込みは、



読書会の申し込みは「こちら」からどうぞ。

参加希望日を入力の上ご連絡ください。

今日のブログ

こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

読書会の開催や発信活動を通して、本の魅力や読書の素晴らしさを伝えています。

 

どんな本を読んだらいいのか考えてみようと思います。

読書は義務教育ではないので基本的には読みたいと思った本を読むべきです。

仕事上学ばなければいけない分野に関しては毎日少しずつ、最低でも本を手に取るようにして慣れていくのが良いかと思います。

わたしは本に興味を持ってからは基本的には読みたい本を読んできました。

人からお勧めされて読むこともありますが、興味を持ったら読むといった感じです。

こちらから聞いておいて読まないのは失礼かなと思い、聞くこと自体はほとんどなくなりました。

 

読みたい本を読むのを前提としたうえでどんな本を優先させるかですが、要約できない本を読むべきだと思います。

要約できないというよりも要約だけでは伝わらない文章といった感じでしょうか?

例えば、太宰治の『走れメロス』を読もうと思い、近くの人に要約を聞いてみたとします。

メロスがどうして最後にどうなったと言われてもおそらくそこには細かい心の機敏は抜け落ちてしまうでしょう。

そういう本こそ自分の目で心で感じて味わうべきです。

そうなると小説が基本的には多くなるように思います。

 

ただ、ビジネス書も結論ありかであってもそれだけの量で語られるのには理由があるので深く知りたい場合は読むべきだと思っています。

少なくとも要約や動画でわかったつもりになるのは危険です。

そういったものには要約者や動画を作った人のフィルターが通されています。

なので、自分で読んだうえで整理をするのがベストですね。

 

まとめますと、要約できない文章を優先するのが一番。

何よりも読みたい本を選ぶということです。

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


鈴木優香『20220624-20220709・K2 BASE CAMP・PAKISTAN』

村上春樹/佐々木マキ『ふしぎな図書館』(講談社)

関連記事

  1. 無理して感想書かなくても

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  2. 読みたいと思った本はいつまでも手元に

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  3. 本を通して、本を体験する。

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  4. 一つの手段としての書籍

    書きたい気持ちはあるんだけど、何を書こうかなということが多々あります。…

  5. 本を読む時間を意識する

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  6. 強みと読書

    もし本がなかったらどうなるのかなと少し考えてみました。活字中毒か?わ…

  7. 小説選びのポイントを聞いてみました

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。「…

  8. 読書感想文のはじめは一言から

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

Twitter でフォロー

PAGE TOP