同じ本を何回も読んでみよう!

イベント情報

読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。

Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、

お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

同じ本を何回も読んでみよう!

本を読みました。

前回の記事でも紹介をした、東野圭吾『クスノキの番人』です。

 

刊行されて購入後にすぐ読んで、今回読書会で紹介するにあたり再読をしました。

限りある時間であっても、積読本や読みたい本があっても、本は出来れば2回3回と読むのをおすすめします。

その一番の理由としては一度読んだだけでは気づきだけで終わってしまう可能性が高いというものです。

すごいと思えることを発見しても時間がたてば人間はあっさりと忘れてしまいます。

そうならないためには繰り返し読んで脳に染み込ませることです。

 

言葉を補足するならば「良いと思った本を」ということになるのですが、良いか良くないかを決めるのは未来の自分なのでそこはむずかしいところです。

どんな本を読んだら良いですか? と聞かれるのはしょっちゅうですが、本を好き好んでたくさん読んでいる自分のことをすごいとは思いませんし、それは活字が好きという一つの特性でしかないのかなと思っています。

何度も読みたいと思える本に出合えることはとても幸せなことです。

そんな幸せをぎゅっと噛みしめることのできる本に出合える人生は素敵だなと思います。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




自己紹介


東野圭吾『クスノキの番人』は「わたしの名刺がわり」

『松浦弥太郎の新しいお金術』で「ふたり読書会」やりました。

関連記事

  1. 知識はクルマ

    今日は何を書こうかなと、昨日の夜から悩んでいるので「書く」ことについて書いて…

  2. 本は人生の味方

    4月23日にNHKで放送されたプロフェッショナル仕事の流儀 を観ました。…

  3. 文字にお金がかかったら、

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカラで…

  4. 本を通して、自分を見つめる読書会に。

    札幌もだいぶ寒くなってきましたね。わたしの部屋の温度は10度になっていま…

  5. 2020年1月を振り返って

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  6. 目指している読書会の姿について考えてみました。

    「読書会ってどんなことをやっているの?」とたまに質問されることがあります…

  7. 習慣化のためにできることは行動を小さくすること

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  8. アイデアはメモをする。役に立たなくても良い。

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

Twitter でフォロー

PAGE TOP