強みと読書

もし本がなかったらどうなるのかなと少し考えてみました。

活字中毒か?

わたしは本が好きですが、活字中毒かと言われるとそうではない気がします。

活字が好きですが中毒ではない、そう思っています。

好きと中毒の違いはなかなか難しいですが、それがなくなって生きていけるかというところにあるような気がします。

わたしは本が好きで毎日のように触れてはいますが、それは結局のところ思考の材料であったり、知識欲があるためだと思っています。

強みを生かすには?

ストレングスファインダー で言う所の「収集心と学習欲」が現れているところだと思います。

それを生かすというか、相乗効果があるのが「内省」だと思うのです。

この内省を生かすための読書であり、ブログを書くことであるのかなと最近感じます。

 

良かったらフォローしてください!

しるし書店やってます!

読書会情報

自己紹介


読書会は独演会!?

都合のいい読書術

関連記事

  1. 詩人・文月悠光さんのイベントに参加しました。

    2018年7月6日に俊カフェで開かれた、詩人・文月悠光活動10周年記念お話と朗読会に参加をしまし…

  2. 2017年の感謝と2018年の挨拶

    年末は京都旅行をしました。それもあり更新が疎かになっていました。札幌で読書会をやってます、井…

  3. 途切れたら何度でもやりなおす

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。昨日はお疲れモードで家に帰っ…

  4. ブックコーディネーターという仕事

    今日はさっぽろブックコーディネート代表の尾崎さんにお会いしました。札幌で読書会をやってます、井田…

  5. わたしが目指す本屋、ブックコーディネーターとは?

    「井田さんはその肩書きでどうありたいんですか?」今日そんな質問を受けました。札幌で読書会をや…

  6. プロの仕事はびっくり箱で驚くこと。

    今日はわたしの考えるプロフェッショナルについて考えてみようと思います。札幌で読書会をやってます、…

  7. 本を通して、本を体験する。

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です…

  8. アイデアはメモをする。役に立たなくても良い。

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です…

読書会情報はこちらから!

友だち追加
PAGE TOP