読書術の専門家になりたい。

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

あなたには好きな本のジャンルはありますか?

もしかしたら本イコール小説なんて方もいらっしゃるかもしれません。

本って何?

わたしにとって本は「心を豊かにしてくれるもの」です。

それが紙の媒体だとより肌に馴染むようで好きです。

結論から言うと本は目的を叶えるための手段であって、様々な目的に対応してあらゆるジャンルがあります。

わたしはそのあらゆるジャンルの本が好きです。

基本的には興味を持ったものはあれこれ手を出して読んでいます。

その中でも読書術が好き!

その中でも読書術という本のジャンルが好きです。

本ってこういう風に読むといいんだよという指南してくれている本のことです。

先人たちがどういう本の読み方をしてきて、どういう風に読んだらいいか教えてくれるのはなかなか面白いものです。

100冊読めば専門家?

わたしのお知り合いに100冊読めば専門家になれるとおっしゃっている方がいました。

どういうことかというと、同じジャンルの本を読んでいくとだんだん共通点や良い点が見えてきて、その分野に秀でることができるということです。

そう考えると、わたしは「読書術の本」をひとまず読み漁りその筋を極めたいなと思います。

本は最大の学びのツールでもあります。

その方法を教えることのできる人になれたらいいなと思います。

画像は今持っている紙媒体の読書術に関する本です。

「この読書術に関する本はいいぞ!」というのがありましたら教えてください。

よろしくお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


都合のいい読書術

書く瞑想ジャーナリングのすすめ!

関連記事

  1. つれづれなるままに

    「いつかやろうはバカヤロウ」なんて言葉を聞いたこともあります。確かにその…

  2. 好きが得意に、専門に。

    本が好き。良い意味でいうと分野が広くて、受け皿が大きくて良いのかもしれな…

  3. 誰かを傷つけることで幸せにならない

    人なのでパーフェクトな毎日を過ごせるわけでも失言をしないでいるわけではないと…

  4. 何もしないという選択肢

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  5. 意味のあるものにするために

    時間が余りある入院生活で何を書こうかなと考えています。札幌で「本を語る、…

  6. 良い文章は読んだ先の行動がデザインされている

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  7. 祝!札幌ゼロ読書会3周年!

    いつもありがとうございます。札幌ゼロ読書会主宰の井田祥吾です。主宰と…

  8. 2020年1月を振り返って

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

Twitter でフォロー

PAGE TOP