ワイン好きにワインを贈るのが、

イベント情報







読書会等のイベントは お知らせ をご覧ください。





読書会の申し込みは「こちら」からどうぞ。

参加希望日を選択の上ご連絡ください。

今日のブログ

こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

読書会の開催や発信活動を通して、本の魅力や読書の素晴らしさを伝えています。

 

人に贈り物をする機会があるかと思います。

わたしは本を選んで贈ることが多いです。

なんといってもわたしが本が好きだからというのがその理由です。

普段本を読まないという人にも読んでもらえそうな本を選ぶのはむずかしくもなかなかおもしろさというものがあります。

それとは逆にもらう立場になってもやはり本が一番うれしいです。

図書カードでももちろんうれしいのですが、本のほうがうれしいのはなぜだろうか考えてみました。

プレゼントをもらうときに無意識的にそこにかけられた時間というものを計算していると考えました。

本を選んだということはあまたある本の中から選んだという時間があります。

お金や図書カードにはそこにかけられた時間というものを透かしてみることができません。

その差なのかなと思います。

ただワイン好きにワインを贈るのがむずかしいように読書家に本を贈るのはプレッシャーに感じるかもしれませんね。

でもわたしは所有している本でもうれしいです。

選んでくれた時間が大切だから。

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


内省という壁当てキャッチボール

読書歴に意味はあるのか?

関連記事

  1. 本は時代遅れのメディアなのか?

    「普段若者は家で何をやっているの?」と聞かれました。札幌で読書会をや…

  2. 「人生が変わる」の違和感

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  3. 健康だから本が読める

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  4. 答えが出ない問いを考え続ける

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  5. 同じ本を何回も読んでみよう!

    同じ本を何回も読んでみよう!本を読みました。前回の記事でも紹介をした…

  6. 「カミのお告げ」と命名する。

    こんな本の読み方と言うか、使い方があってもいいんじゃない? というお話です。…

  7. 読書会ってなにやっているの?

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  8. 本読みとしてうれしかったこと

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

Twitter でフォロー

PAGE TOP