内省という壁当てキャッチボール

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ をご覧ください。





読書会の申し込みは「こちら」からどうぞ。

参加希望日を選択の上ご連絡ください。

今日のブログ

こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

読書会の開催や発信活動を通して、本の魅力や読書の素晴らしさを伝えています。

 

昔といっても中学生までですが野球をやっていました。

兄の影響で始めたこともあり、よく公園で遊んだりもしたものです。

常にタイミングが合うわけではないので一人のときは近くの施設の駐車場の壁に向かってボールを投げるという壁当てキャッチボールをしていました。

今考えるとよく注意されなかったなとも思います。

 

わたしのストレングスファインダー での強みとなりうる資質の一位は内省なのですが、わたしの中の内省はこの壁当てキャッチボールのイメージとぴったりだなとふと思いました。

もう1人の自分がいるというよりも浮かんでくる思想は自分そのものです。

問いを立ててもその場で議論を進めていくのはあくまでも自分です。

狙ったところにしっかりと投げれば真っ直ぐ帰ってくるように適切な問答を自分の中で意識できればと思います。

ストレングスファインダー での強みを見ても自分はなんて平凡な人間なんだと思いましたが、強みとなるのは自分が自然とできることから成り立つので当然のことです。

頑張らずに使える資質を伸ばすべく深く考えることをこれからも意識していきます。

 

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


伊坂幸太郎『フーガはユーガ』(実業之日本社)

ワイン好きにワインを贈るのが、

関連記事

  1. 夢は叶いましたか?

    ブログのアイキャッチ画像に chiho さんの写真を多く使わせてもらっていま…

  2. 2020年の振り返りと2021年の目標

    今日で2020年も終わりますね。今年は激動の一年間でしたね。2019…

  3. どうやったら習慣化し継続できるのか

    良いと思って始めたこともなかなか続かないという方も多いかと思います。習慣…

  4. 日記を書くことは小銭の貯金のようなもの。

    わたしは毎朝モーニングページを書いています。札幌で読書会をやってます、井…

  5. 良い文章って?

    わたしは本を読むのはもちろん好きですが、文章を書くのも好きです。何のため…

  6. 問題にすると問題になる

    コワーキングSaloon札幌をメンバー利用させていただいています。店長の…

  7. 目の前のひとりを大切にする

    先日、こんなお話を聞きました。https://twitter.com/s…

  8. いつかやろうではなく、とりあえずやってみる

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカラで…

Twitter でフォロー

PAGE TOP