読み放題には向いていないのかも

イベント情報







読書会等のイベントは お知らせ をご覧ください。



メールでの参加申し込みは、



読書会の申し込みは「こちら」からどうぞ。

参加希望日を入力の上ご連絡ください。

今日のブログ

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

今回のテーマは、「読み放題サービス」についてです。

先日、このようなツイートをしました。

AmazonのKindle Unlimitedなどの読み放題サービスを利用したことはあるでしょうか?

月額課金で対象の電子書籍を好きなだけ読めるというものです。

利用していた時期もあるのですが、自分にはあまり向いていないのかなと感じています。

その理由について書いていきます。

食べ放題などもそうですが、「〇〇し放題」というのは元を取ろうという姿勢になり、基本的にはマイナスからのスタートになります。

となれば一冊の目の前の本に腰を据えて読もうというよりもどれだけ多くの本が読めるかというスタンスになってしまいます。

これは本への向き合い方としてはもったいないことです。

時間をしっかりと確保をして目の前の一冊に向き合う姿勢というものが大切です。

 

本屋さんで試し読みをするようにどの本にしようかと選ぶ感覚で読んでいくのはいいと思います。

つまらなかった場合の損切りをするのに躊躇なく出来るのは読み放題サービスの方が良いのかもしれません。

触ってみて合う合わないを判断するのがいいのではないかと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、よりよい一日をお過ごしください。

(eye catching photo by chiho)

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


東野圭吾『透明な螺旋』(文藝春秋)

重松清『カレーライス 教室で出会った重松清』(新潮文庫)

関連記事

  1. 習慣化のために小さな行動を積み重ねる

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  2. 努力は積み上げ、続ける。

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  3. 誰かを救う文章を書きたい

    これはブログに書きたいという出来事はそうそう頻繁には起こらないものです。…

  4. 目の前のことをひとつずつ

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  5. 自分にとっての名言を集める。

    今日は本を読んだ後のオススメの行動について書いていこうと思います。「本を…

  6. なくてはならない歯車になる

    社会の中で生きていると自分なんかいなくても、と思ってしまうこともあるかもしれ…

  7. ベストな決断よりベターな行動をしよう!

    名言が好きです。本を読んでいて、これぞ! と思った言葉は手帳に書き出すよ…

  8. 熱い想いを秘めながら、

    先日読書会を主催している人たちの集まりに参加をしました。みなさんそれぞれ…

Twitter でフォロー

PAGE TOP