速く読んで何を得たいのか

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のブログ

こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

読書会の開催や発信活動を通して、本の魅力や読書の素晴らしさを伝えています。

 

速読に興味があるという方は多いかと思います。

何を隠そうわたしもそのひとりでした。

速く読めることで時間を有意義に使うことができるのではないかという思いがありました。

実際に学んでみて今は習ったテクニックの一部は使っていますが、基本的にはしっかりと読んでいます。

それはそれとして役に立っています。

 

これだけ読書に関する情報発信をしているとSNSで投稿に挟まれる広告も本関係のものが多くなります。

名前は伏せますが、某速読法もあがってきます。

こんなふうにパラパラとめくれて理解できてますよと紹介されていたのですが、読んでいたのが小説だったんですね。

わたしは純粋にそれってどうなんだろうと思ってしまいました。

小説のなかで展開される人間の機敏な心情の変化を速く読むことに意味はあるのか考えてしまいました。

ゆっくり読めば理解できるとは限りませんが、少なくとも早送りで映画を観て同じ感動が担保されるとは限らないのと同じで、セリフのスピードだったりを想像しながら読むところに醍醐味があるのではないかと思うのです。

知識を速く仕入れるには取捨選択をして読むのは良いとは思うのですが、ストーリーを知ることだけが小説を読む目的ではありませんし、時間をかけて読むことで得られるものもきっとあるだろうなと思います。

 

速読を学ぶべき状態というのは、もっと本を読みたいけどこれ以上時間は作れない。

だから今の読書時間を有効に使うために速読法を学ぼう、だと思うのです。

まずは単純に物理的に読む時間を増やせないか考えるほうが大切だと思います。

 

特定の速読法を否定するために書いたわけではありません。

学べばきっと何か変わるかもしれないという気持ちは持っておこうと思います。

(eye catching photo by chiho)

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

書いている人


小泉今日子『ホントのコイズミさん YOUTH』(303BOOKS)

どうして読書会で紹介された本は読みたくなるのか

関連記事

  1. いつか出合いたい思い出の一冊

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  2. 健康のうえに成り立つ読書

    年末年始は実家で過ごしました。マイクロソフトオフィス社のビル・ゲイツ氏の…

  3. 想像力と数百円

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  4. 一つの手段としての書籍

    書きたい気持ちはあるんだけど、何を書こうかなということが多々あります。…

  5. マンガを読書に入れるのならば

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  6. 本を通して、自分を見つめる読書会に。

    札幌もだいぶ寒くなってきましたね。わたしの部屋の温度は10度になっていま…

  7. ワイン好きにワインを贈るのが、

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  8. 同じ本を何回も読んでみよう!

    同じ本を何回も読んでみよう!本を読みました。前回の記事でも紹介をした…

Twitter でフォロー

PAGE TOP