どうして読書会で紹介された本は読みたくなるのか

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のブログ

こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

読書会の開催や発信活動を通して、本の魅力や読書の素晴らしさを伝えています。

 

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

ご覧いただいている方にはすでに読書会に参加された方もいらっしゃるでしょうし、もしかしたら新たな趣味として読書会をご検討中の方もいらっしゃるかと思います。

わたしはかれこれ読書会を開催してきてもうすぐで6年を迎えます。

本の紹介交流型で行っているメインの読書会「本の話をしよう」はもう少しで100回を迎えます。

面白そうな本に出合えることはとてもうれしいことなのですが、それ以上に人に会えることがとても大切で素敵なことだと常々感じています。

たとえば、読みたい本を探しに読書会に参加しようとしたとします。

でも、これってものすごく非効率なことだと思うのです。

それならばネット書店で数冊購入して、その結果出てくる推薦本を読むほうがよっぽどハズレは少ないでしょう。

またインターネットが発達していますので、いくらでも情報収集はできますし、相談に乗ってくれる人もいます。

それでもなお、わたしは読書会に参加して本を紹介してもらうのは一味違うと感じています。

そこには紹介する人の「熱」が込められています。

ときには「狂」と呼べるかもしれません。

目の前の人がそれだけ熱をもって語られると興味がなかったとしても惹きつけられてしまうものです。

もちろん買って読む読まないは別にしてもこういう人を通して本の話を聞くというのはその人の人生感が表れているようでとても貴重な時間だと感じています。

紹介するハードルが高いなと感じていても、もしかしたら一冊ぐらい好きな本はあるのではないでしょうか?

うまく喋ろうとかは考えないで、その好きな気持ちをぶつければ誰かの心を動かして参加してよかったと思ってもらえるのではないかと思っています。

興味のある方は是非読書会でお待ちしています。

オンラインでは課題本読書会を続けつつ、ビブリオバトルを再開しようかと思います。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

書いている人


速く読んで何を得たいのか

集英社文庫編集部『短編宝箱』(集英社文庫)

関連記事

  1. いつか出合いたい思い出の一冊

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  2. 健康のうえに成り立つ読書

    年末年始は実家で過ごしました。マイクロソフトオフィス社のビル・ゲイツ氏の…

  3. 想像力と数百円

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  4. 一つの手段としての書籍

    書きたい気持ちはあるんだけど、何を書こうかなということが多々あります。…

  5. マンガを読書に入れるのならば

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  6. 本を通して、自分を見つめる読書会に。

    札幌もだいぶ寒くなってきましたね。わたしの部屋の温度は10度になっていま…

  7. ワイン好きにワインを贈るのが、

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  8. 同じ本を何回も読んでみよう!

    同じ本を何回も読んでみよう!本を読みました。前回の記事でも紹介をした…

Twitter でフォロー

PAGE TOP