2人でも読書会はできる。

この間、読書会の打ち合わせのため2人でカフェで読書会のデモンストレーションを行いました。

札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。

二人でも読書会は成り立つ

そのときはこんな感じかな試行錯誤をしながら、相談しながらやりましたが、家に帰ってふと思うと、読書会として成立していたんじゃないかと思いました。

2人であってもわたしは相手から「気づきと行動の指針」をもらったので、自分の読者会の本番に向けた目標は達成されました。

人数が多くないとイベントが盛り上がらないとか、そんなことはなく、開催する人の能力だったり、会場の雰囲気等いろいろな要素で決まります。

なので、わたしはやっていく内容によって準備費も変わるため会費も変わるでしょうし、集める人数も変わってきます。

コップに入れる水の量のように

たとえとして上手なのかわかりませんが、こういうのって見えない容器に液体を注ぐようなものだと思うんですよね。

容器に液体を入れるときは、当たり前ですが、入れすぎると溢れてしまいます。

では溢れるまでいっぱいに入れることがいいのでしょうか?

普段コップに水を注ぐとき、常に溢れるくらいという方は少ないのではないでしょうか?

八割くらいがちょうどいいのではないでしょうか?

能力を全て発揮するというよりは、力をうまくコントロールしながら、ゆとりを持ってやっていくのがいいのではないかなと思います。

良かったらフォローしてください!

しるし書店やってます!

読書会情報

自己紹介


続けやすい仕組みを考える

本棚の10冊で〇〇を表現してみます

関連記事

  1. 途切れたら何度でもやりなおす

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。昨日はお疲れモードで家に帰っ…

  2. 10年前の自分への手紙

    10年前の井田祥吾さん 令和2年1月21日札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマ…

  3. 自分のペースで生きていく

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。カメはのんびり屋さんなのか?…

  4. 古本屋さんには偶然の出逢いがある

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。わたしは普段滅多に古本屋さん…

  5. 書く瞑想ジャーナリングのすすめ!

    ブログを書こうとパソコンの前にスタンバイしたものの何を書き出そうか出てこない時があります。今回も…

  6. 誰かを救う文章を書きたい

    これはブログに書きたいという出来事はそうそう頻繁には起こらないものです。なので自然と自分の内面に…

  7. 良い文章とは最後まで読まれる文章である。

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です…

  8. 本で人生は変わるのか?

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です…

読書会情報はこちらから!

友だち追加
PAGE TOP