2人でも読書会はできる。

読書会情報

読書会等のイベントはFacebookイベントページをご覧ください。

Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、

お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

この間、読書会の打ち合わせのため2人でカフェで読書会のデモンストレーションを行いました。

札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。

二人でも読書会は成り立つ

そのときはこんな感じかな試行錯誤をしながら、相談しながらやりましたが、家に帰ってふと思うと、読書会として成立していたんじゃないかと思いました。

2人であってもわたしは相手から「気づきと行動の指針」をもらったので、自分の読者会の本番に向けた目標は達成されました。

人数が多くないとイベントが盛り上がらないとか、そんなことはなく、開催する人の能力だったり、会場の雰囲気等いろいろな要素で決まります。

なので、わたしはやっていく内容によって準備費も変わるため会費も変わるでしょうし、集める人数も変わってきます。

コップに入れる水の量のように

たとえとして上手なのかわかりませんが、こういうのって見えない容器に液体を注ぐようなものだと思うんですよね。

容器に液体を入れるときは、当たり前ですが、入れすぎると溢れてしまいます。

では溢れるまでいっぱいに入れることがいいのでしょうか?

普段コップに水を注ぐとき、常に溢れるくらいという方は少ないのではないでしょうか?

八割くらいがちょうどいいのではないでしょうか?

能力を全て発揮するというよりは、力をうまくコントロールしながら、ゆとりを持ってやっていくのがいいのではないかなと思います。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!

音声プラットフォームHimalayaやっています!

(画像をクリックしてください!)

noteもやってます

自己紹介


続けやすい仕組みを考える

本棚の10冊で〇〇を表現してみます

関連記事

  1. 上手に息継ぎできるように文章を書きたい

    わたしは文章を書くのが好きです。好きになったのは小学生の頃の作文でした。…

  2. ライティングゼミを受講します。

    わたしは書くのが好きです。札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shog…

  3. こんなときだからこそ

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  4. 2020年1月を振り返って

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  5. 習慣化させるために必要なこと

    「良い習慣で人生を埋め尽くしたい」わたしがたまに頭の中で繰り返す言葉の1…

  6. 本好きの働く未来を考えてみました

    「井田さんのやりたいことって本屋さんじゃないですよね?」私はそう言われて…

  7. 誰かを救う文章を書きたい

    これはブログに書きたいという出来事はそうそう頻繁には起こらないものです。…

  8. 意味のあるものにするために

    時間が余りある入院生活で何を書こうかなと考えています。札幌で「本を語る、…

PAGE TOP