いつか出合いたい思い出の一冊

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

本が好きなので、また読みたいなという本はたくさんあります。

わたしがずっと読みたいと思っている本は幼稚園の年長さんのときに読み聞かせをしてもらった絵本です。

ニュージーランドの鮮やかな青い海とイルカが泳いでいる絵が印象的でした。

それを見せてもらったからあこがれの外国というのはずっとニュージーランドです。

また出合えたらいいなと思いますが、なにせ25年近くも前(歳を重ねたのを実感します)ですし、そのときの記憶なのでその本をまた見たときに「これだ!」というリアクションを取れる自信がありません。

甥っ子くんがいるおかげで本屋さんの絵本コーナーを見るのも楽しくなりました。

そのついでに、わたしの思い出の一冊がないか気長に見て回ろうと思います。

 

買った本はきれいにしておいて高く売れるようにしておくという考え方をわたしは否定をしていません。

それ自体はひとつのものに対する扱い方です。

わたしは折り目や書き込みをしながら本を読みます。

それはそのほうが本のエッセンスを吸収できると思っているからです。

基本的には売り物にならないものになり、部屋にどんどん溜まっていきます。

それでもいいと思っています。

もしかしたらまたいつか読みたいと思う瞬間が来るんじゃないかという期待がわたしの収集心を駆り立てていると思うようにしています。

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




音声でも本の紹介をしています

noteもやっています!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


東野圭吾『容疑者Xの献身』(文春文庫)

読む本を減らしてみようかと

関連記事

  1. 読書は目的?手段?

    昨日、ふと疑問に思ったことがあります。目的、目標と手段は混同しやすいなと。…

  2. 読書の良さを伝え続けたい

    コロナ、コロナ、口を開けば、コロナウイルス。「コロナ」という名称が仲のい…

  3. 本を生かすためには

    本はたくさんのことを教えてくれます。それは、本を書いているのが人なので人…

  4. 読書術の専門家になりたい。

    あなたには好きな本のジャンルはありますか?もしかしたら本イコール小説なん…

  5. 習慣にしたことは抵抗を感じるもの

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。抵抗…

  6. わたしとブログのあるべき姿

    今日こそはブログを書こうと思いながら更新できない日々が続いていました。札…

  7. 何気なく飲んだ水がおいしいと感じる人生を送りたい…

    人は言葉によって思考をめぐらす生き物です。もちろん感覚優位のかたもいらっ…

  8. 「言葉にできない」は核となるもの。

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。言い…

Twitter でフォロー

PAGE TOP