読書の良さを伝え続けたい

読書会情報

読書会等のイベントはFacebookイベントページをご覧ください。

Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、

お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

コロナ、コロナ、口を開けば、コロナウイルス。

「コロナ」という名称が仲のいい友達への相性にさえ感じてきてしまいます。

 

何かあったときの責任を取れないということ、起こりうる可能性は排除することが一番だと感じています。

なので、この状態が落ち着くまでは読書会は中止の方向です。

かと言って読書活動を何もしていないのかと言われるとそのようなわけはなくて、まずは本を読んでいます。最近は借りて読むことも多いので読書欲は高まっています。

その報告としてInstagramを使い、思考の整理にTwitter、そのまとめとしてこのブログを使っています。

私にとっては本に関することは「福業」です。

やれることをやっていく中で少しでもなくてはならない存在だと思ってもらえるウエイトを高くして行きたいと思っています。

 

この、コロナウイルスの緊急事態はなんとも言えない閉塞感というのを感じます。

色々なところでトラブルはあるでしょうが、だれかが誰かを傷つけて起こった出来事というのはないでしょう。

かかってしまった人もかかりたいと思ったわけではないはずでしょう。

一昨年の地震のときもそうでしたが、こういう時は歩き続けるのが大切なのかなと思う。

歩き続けるとは、何ができるのか考え続けることであり、発信を続けることです。

 

今にしかできないこと、今だからこそ伝えたいことを伝え続けるのがいいと思っています。

私であれば、本の魅力を伝えることです。

私にとっては紹介をして本を買ってもらうことがゴールではありません。

本を読んでもらうことであり、その本が良かったと感じてもらうことであり、生活に変化を起こすことです。

つまり、本を読んで人生が変わったとまでは言えなくても良かったと思えるような経験を他の人にも体感してもらえるように伝えることです。

そのためにどうしたらいいのかを私は私の心に問い続けようと思います。

息の長い文章を書くのが苦手なので今日はこのへんで。

札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで癒しを与えるビブリオセラピストの井田祥吾(@shogogo0301)でした。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!

音声プラットフォームHimalayaやっています!

(画像をクリックしてください!)

noteもやってます

自己紹介


イーディ、83歳はじめての山登り〜遅すぎることはない〜

第5回ビブリオバトル@SALOON開催報告!

関連記事

  1. 本好きの働く未来を考えてみました

    「井田さんのやりたいことって本屋さんじゃないですよね?」私はそう言われて…

  2. ranunculus

    花の名前と花言葉

    花の名前と花言葉「新緑の候」という時候のあいさつがピッタリな季節に札幌も…

  3. 日記を書くことは小銭の貯金のようなもの。

    わたしは毎朝モーニングページを書いています。札幌で読書会をやってます、井…

  4. 入院からの日記

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  5. 博物館はワクワクの詰まったところ

    昨日のブログにも色々と書きましたが、髪を切り、古本屋に行ったりと珍しく幾つも…

  6. 一冊の本から一つの気づきと一つの行動指針を得る

    一冊の本から一つの気づきと一つの行動指針を得る質問箱というサービスを利用…

  7. 時間は財産である。

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  8. 意味のあるものにするために

    時間が余りある入院生活で何を書こうかなと考えています。札幌で「本を語る、…

PAGE TOP