本を生かすためには

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

本はたくさんのことを教えてくれます。

それは、本を書いているのが人なので人がたくさんのことを教えてくれると言い換えることができるかもしれません。

たくさんの教えをもらった上でどうしたいでしょうか?

少なくとも教えを聞いた瞬間は変われる気がするとか変わりたいと言う気持ちになるのではないでしょうか?

水を熱する

でも、熱されたことでお湯になっても時間が経てば元の水になってしまいます。

そうならないためには、本を読んだら学んだことを一つでも実践してみることだと思うのです。

実践した結果、正しかったら成功しているわけですし、間違っていたら次にどうすれば良いか正しい道のりが見えてくるでしょう。

とにかく行動!

本というのはターゲットが設定されているわけですが、不特定多数の人に向けて書かれています。

なので、本に書かれている内容は「自分だったらどうするか」と噛み砕いて読んで行く必要があります。

その効果検証をする第一歩が実践である行動なのです。

その行動がどうだったかをさらに振り返ることで進んで行けば良いのです。

まだまだ修行中

こんなふうに格好つけて書いてみましたが、私自身まだまだ実践途中です。

「本で心を豊かにするブックセラピスト」としてもっともっと多くのものを還元できるように精進していきます。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


好きが得意に、専門に。

自分だったらどうするかを考えながら本を読む

関連記事

  1. うお座の思考?なんのために働くか?

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  2. 「#読書ってかっこいい」ってかっこいい。

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  3. つれづれなるままに

    「いつかやろうはバカヤロウ」なんて言葉を聞いたこともあります。確かにその…

  4. 読む本を減らしてみようかと

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  5. 努力はダサいことなのか

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  6. 私の朝のルーティン

    私の朝のルーティン最近の行動パターンについて書いてみようと思います。…

  7. 自分の居場所は自分でつくる

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  8. 1%の努力を積み重ねる

    1日は24時間です。当たり前の話ですが、忙しい人も暇な人にも均等に24時…

Twitter でフォロー

PAGE TOP