本を生かすためには

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

本はたくさんのことを教えてくれます。

それは、本を書いているのが人なので人がたくさんのことを教えてくれると言い換えることができるかもしれません。

たくさんの教えをもらった上でどうしたいでしょうか?

少なくとも教えを聞いた瞬間は変われる気がするとか変わりたいと言う気持ちになるのではないでしょうか?

水を熱する

でも、熱されたことでお湯になっても時間が経てば元の水になってしまいます。

そうならないためには、本を読んだら学んだことを一つでも実践してみることだと思うのです。

実践した結果、正しかったら成功しているわけですし、間違っていたら次にどうすれば良いか正しい道のりが見えてくるでしょう。

とにかく行動!

本というのはターゲットが設定されているわけですが、不特定多数の人に向けて書かれています。

なので、本に書かれている内容は「自分だったらどうするか」と噛み砕いて読んで行く必要があります。

その効果検証をする第一歩が実践である行動なのです。

その行動がどうだったかをさらに振り返ることで進んで行けば良いのです。

まだまだ修行中

こんなふうに格好つけて書いてみましたが、私自身まだまだ実践途中です。

「本で心を豊かにするブックセラピスト」としてもっともっと多くのものを還元できるように精進していきます。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




音声プラットフォームHimalayaでもお話ししています

書いている人


好きが得意に、専門に。

自分だったらどうするかを考えながら本を読む

関連記事

  1. 自分の居場所は自分でつくる

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  2. 一つの手段としての書籍

    書きたい気持ちはあるんだけど、何を書こうかなということが多々あります。…

  3. モノの見方を変えてみる

    毎日ブログを更新することを目標にしています。札幌で読書会をやってます、井…

  4. 天狼院書店と読書会と私

    「あぁ、井田さん、初めまして!」受付開始時間ぴったりに会議室に入ると、女…

  5. 筆者の思考の過程を意識する

    何を書こうかなといつも通りいい意味で悩んでいます。札幌で読書会をやってま…

  6. 文章を書くこととパンを作ること

    文章を書くことは料理をすることに似ているということを以前書いたかと思います。…

  7. ちょっとしたサプリメントのような文章を書きたい

    12月18日からブログの毎日更新が続いています。「本を語る、人と繋がる」…

  8. いつかやろうではなく、とりあえずやってみる

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカラで…

Twitter でフォロー

PAGE TOP