読書セラピストとしてやりたいこと

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のブログ

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

先日、このようなツイートをしました。

わたしはSNSが好きなので中毒にならないように気をつけながらほどほどに使っています。

日々発信をしているわけですが、最近は読書セラピストとしてというのを意識しています。

読書セラピストと言うのが国家資格になっている国もあります。

日本にも読書療法学会があり、それには誰でも会員になることができます。

日本では資格にはなっていないため読書セラピストと名乗っても問題ないかと問い合わせてみると心良いお返事をいただくことができました。

 

ここで改めて考えたいのは読書セラピストとは何をする人なのかということです。

日本読書療法学会会長の寺田真理子さんの著者『心と体がラクになる読書セラピー』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)では読書療法をこう位置付けしています。

「読書によって問題が解決されたり、なんらかの癒しが得られたりすること」(p038)

本を使ってということにはなりますが、それだけではないということです。

本を売ることもお勧めすることもひとつですが、それだけにとどまらず本を読むことや触れることってこんな素敵なことですよと自分自身が本によって救われた経験を伝えていくことなのかなと思っています。

本好きと本に興味があるけれど何から読めばいいかわからないという人をうまくつなげるような存在になれたらなと思います。

 

気をつけたいのはあらゆる人を本の世界に連れていきたいと思う一方で自分が「やらない」という選択肢をとっていることで閉ざしている世界があるんじゃないかということです。

知らないから、興味がないから遠ざけるのではなく、勇気を出して一歩踏み込んでみることも忘れずにいたいです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

やっぱり本が好きです。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

書いている人


「自分らしさ」とはなにか?

無理をしないは「ちょうどいい」

関連記事

  1. 本や講演会の「学び」を生かすにはベイビーステップ…

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  2. 目指している読書会の姿について考えてみました。

    「読書会ってどんなことをやっているの?」とたまに質問されることがあります…

  3. 「#読書ってかっこいい」ってかっこいい。

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  4. 読書会ってなにやっているの?

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  5. インプットとアウトプットのバランス

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  6. 一つの手段としての書籍

    書きたい気持ちはあるんだけど、何を書こうかなということが多々あります。…

  7. 本は手紙だと思って読む

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  8. 本のタイトルから中身を想像する楽しみ

    本棚を手に入れました。自分の身長よりも背の高い本棚です。画像は以前の…

Twitter でフォロー

PAGE TOP