「自分らしさ」とはなにか?

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

今回のテーマは、「自分らしさ」です。

先日、このようなツイートをしました。

最近のツイートを膨らませて書く、このブログの書き方のスタイルが一番負担が少なくて続けやすいのでしばらくは続けながらで改善をしていきます。

Twitterには140字という制限があるので伝えたいことをぎゅっと凝縮させている感覚があります。

それを実はこういうことだったんですとブログで膨らませて800〜1000字くらいを目安に書けたらいいなと思っています。

 

そこで、今回のツイートの話になるのですが、反応が大きかったものを拾って書くというのは共感を得られやすいのかもしれませんが、それにはよくない面もあるのだと気付きました。

SNSで多くの反応をもらえるのは感動や共感という話を聞きました。

オリンピックで活躍されたニュースを見聞きするとその記事には「いいね」を押したくなります。

かと言って一般人がこの感動を生み出すのはなかなかむずかしいです。

そこでねらうのが共感になりそうですが、これもまた大変です。

手軽にできてしまうのが共通の敵をつくるというものです。

悪事をはたらいた人を叩くようなことです。

そうするとわたしもそう思っていたと寄ってたかるのでしょう。

共感は得られるかもしれませんが、それは自分が本当にやりたいこと、やったところで実現したい方向へと進んでいるのでしょうか?

わたしはそうは思いません。

 

また、共感を得やすいというのはよくもわるくもありふれた意見です。

それをわざわざ書いたところで自分らしさが出るかは微妙なところです。

 

誰からも制限をされないのだから自分の意見をしっかりと述べて結果としてひとりでも共感を得られたら、得られないとしても自分の気持ちな強固なものとなればそれでいいのかなと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

自分の意見を伝えることはいつだって緊張します。

 

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


読書会ってなにやっているの?

読書セラピストとしてやりたいこと

関連記事

  1. 質問箱で答えを考え思考をを育てる

    ここ最近続いてきた腰の痛さがだんだんと和らいできました。腰が痛いとすぐに…

  2. 本棚の10冊で〇〇を表現してみます

    「本棚の10冊で自分を表現する」というのをやりました。これって色々応用で…

  3. 読書会に来てくれる方が本を出します。

    札幌は寒いです。毎回この書き出しにこれからなるのではないかという気さえし…

  4. モーニングページとしてのブログ

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。今日…

  5. カメレオンのように生きる

    札幌は寒い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?札幌で「本を語る…

  6. 今日も誰かの誕生日

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  7. 出る杭になる覚悟と出る場所を選ぶこと

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、札幌ゼロ読書…

  8. 「猫まみれ展 MAX」に行ってきました!

    2021年3月20日に北海道立近代美術館で開催されています、「猫まみれ展」に…

Twitter でフォロー

PAGE TOP