ベストな決断よりベターな行動をしよう!

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

名言が好きです。

本を読んでいて、これぞ! と思った言葉は手帳に書き出すようにしています。

つぶやいてみて自分でもいいんじゃないかなと自画自賛したくなるのがこちらです。

ストレングスファインダーで内省が一位にあるわたしは考えることが好きで得意としています。

でも、それは時として考えるだけで時間が過ぎてしまい、何も生み出さないということもあるかもしれません。

そういうときにこの言葉を思い出そうと思います。

強みとなりうる資質がわかるストレングスファインダーの診断テストを2回やりましたが、2回とも内省が1位でした。

内省は考えることを得意とする資質です。

良いアイデアが出るとは限りませんが、考えることに時間を費やすことが多く、またその時間そのものを大切にしています。

しかし時として考えるだけで行動に移せずに現実世界は何も変わらないなんてことが多くありました。

最近は本を読んだら小さなことでも良いのでアウトプットするように意識をしています。

そうすると少しずつ進歩しているように感じるのです。

この内省という資質は自分に自然と備わっているものなのかもしれません。

だから、自分がちょっとこの考え方は浅いかなと思っても実は人よりも深く考えているなんてことがあるのかもしれません。

そう考えると、完璧だと思える決断をするのに時間をかけるよりも、良いなと思ったことをサクッとチャレンジしてみるというくらいの感覚の方がちょうど良いのかもしれません。

強みであったり、才能というものは他人とは違うものです。

それは時として人と違うという風に見えて自分だけが浮いている存在に思えてしまうこともあるかもしれません。

でも、その人と違うところが自分を自分たらしめているものであり、磨いていく価値があることなのかもしれません。

私の場合でいえば、考えることは自然と備わっている資質なので、それを形にしていくことに励んでみようかと思います。

(eye catching photo by chiho)

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


映画『えんとつ町のプペル』からもらった挑戦する勇気。

桑田真澄『試練が人を磨く』。挫折を力に変える。

関連記事

  1. つれづれなるままに

    「いつかやろうはバカヤロウ」なんて言葉を聞いたこともあります。確かにその…

  2. より良い読書会のために

    昨日のコワーキングスペースsaloonで開催した「本を語る」読書会は過去最多…

  3. 誰かを傷つけることで幸せにならない

    人なのでパーフェクトな毎日を過ごせるわけでも失言をしないでいるわけではないと…

  4. 何もしないという選択肢

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  5. 直感で行動する

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  6. 誰かを救う文章を書きたい

    これはブログに書きたいという出来事はそうそう頻繁には起こらないものです。…

  7. 上手に息継ぎできるように文章を書きたい

    わたしは文章を書くのが好きです。好きになったのは小学生の頃の作文でした。…

  8. 時間は資産である

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

Twitter でフォロー

PAGE TOP