映画『えんとつ町のプペル』からもらった挑戦する勇気。

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

2020年12月25日に西野亮廣さんの絵本『えんとつ町のプペル』を原作とした映画がついに公開されました。

絵本から構想8年だそうでとても長い年月でした。

西野亮廣さんのオンラインサロン西野亮廣エンタメ研究所に入っているので、そこで毎日更新されるFacebookの記事で徐々に近づき待ちに待ったという感じでした。

西野亮廣さんが絵本を描いているという話はなんとなく耳にしていました。

以前、登山家の栗城史多さんのファンクラブに入っていて時たま対談を行なっていたのですが、そこで西野さんが呼ばれてたことがありました。

そこでも「ディズニーを倒す!」とおっしゃっていたんじゃないかと記憶しています。

栗城さんは残念ながらエベレスト登山中の事故で亡くなってしまいましたが、西野さんと同じように挑戦という言葉がぴったりの方でした。

その栗城さんが天国でこの映画を観ていたらどんな言葉をかけるのかなと想像してしまいました。

 

挑戦には失敗がつきものです。

時には誰かに嘲笑されるかもしれません。

ひどいバッシングを受けることもあるかもしれません。

それでも自分が一度決めた道は貫くべきです。

たった一人になっても進んでいくべきです。

そうやってひとりでも進んでいけば、自然と隣でいてくれる友だちがやってくるかもしれません。

挑戦がこわいなら今の西野さんを見てみたら? と声をかけたいです。

日本中から指をさされたことがあろうと今は大勢のファンを抱えてどんどん走っています。

 

映画を観た後に思ったのは今度は自分の番ということです。

さて、これから何に挑戦をしようか考えてみます。

そして互いに応援しあえる友だちでいたいです。

これからもよろしくお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


理想の生き方はカメレオンとナマケモノ。

ベストな決断よりベターな行動をしよう!

関連記事

  1. 『キセキの葉書』を観に行きました

    Good & New今日は久しぶりに映画を観に行きました。鬱…

  2. 映画『ブックセラーズ』

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セ…

  3. 『つつんで、ひらいて』〜装幀者という仕事〜

    2020年3月20日の春分の日に映画を観に行きました。今日観た映画は、『…

  4. 『手紙』で原作との違いを楽しむ

    映画は好きですか?わたしは学生時代に映画館で寝てしまうという経験を2回し…

  5. イーディ、83歳はじめての山登り〜遅すぎることは…

    今日は仕事がお休みでしたので、のんびりと過ごそうかなと思っていたところにグッ…

  6. 『ワン・モア・ライフ!』

    2021年3月26日にシアターキノに観に行った映画を紹介します。「本を語…

  7. 『過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい』

    お誘いいただき写真家森山大道さんのドキュメンタリー映画『過去はいつも新しく、…

  8. 『エンジェル、見えない恋人』

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

Twitter でフォロー

PAGE TOP