映画『ドライブ・マイ・カー』

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

先日、サツゲキで公開中の映画『ドライブ・マイ・カー』を観に行きました。

村上春樹『女のいない男たち』の中の同タイトルの短編小説が原作となっています。

カンヌ国際映画祭で脚本賞を受賞されています。

最近の映画としては3時間と長めでしたが、飽きることなく観ることができました。

 

主人公は家福という舞台俳優であり演出家の男性です。

4歳のときに肺炎で娘を亡くし、妻の音は脚本家になります。

脚本が脚光を浴びますが、そのドラマの俳優と関係を持つことがあり、家福もその場面に気づくこともありましたが、蓋をしていました。

妻が「今夜話したいことがある」と告げた夜にクモ膜下出血を起こし、そのまま亡くなってしまいます。

それから場面が変わり、広島での舞台公演へと進んでいきます。

 

そこで専属のドライバーとなったみさきは寡黙ではありますが、そつなく仕事をこなします。

徐々に心を開き始めていきます。

 

さまざまな人間模様が描かれている作品です。

人は誰しも秘密をもっているはずです。

それは本人が秘密と自覚をしていないものもあるかと思います。

自分が一方的に探っていたり、知っているなんてこともあるかも知れません。

相手との関係性が壊れるかもしれないと知っていて、相手の秘密を知ることはできるでしょうか?

わたしは正直言って怖くてできないかもしれません。

知らないふりをすることで保っていた関係性が崩れるくらいならそのまま知らないふりをすることを貫くなんてこともあるかもしれません。

ただ、相手が「話したいことがある」と言われたときにそこから逃げてしまうのは、相手に対しても自分の心に対しても逃げてしまうことなのだと感じました。

 

秘密がない関係性がベストなのかはわかりませんが、相手の秘密を知ったときにどうするのが正解なのか、まずは自分の心に問いかけることを忘れずにいたいです。

 

観た方がいらっしゃいましたらラストシーンの解釈を教えてください!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、よりよい一日をお過ごしください。

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




noteもやっています!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


西野精治『スタンフォード式 最高の睡眠』(サンマーク出版)

本を通してフラットに話ができる読書会

関連記事

  1. 『過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい』

    お誘いいただき写真家森山大道さんのドキュメンタリー映画『過去はいつも新しく、…

  2. 『また、あなたとブッククラブで』を観に行きました…

    2021年1月29日に映画を観に行きました。タイトルは『また、あなたとブ…

  3. 東田直樹『自閉症の僕が跳びはねる理由』

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  4. 映画『えんとつ町のプペル』からもらった挑戦する勇…

    2020年12月25日に西野亮廣さんの絵本『えんとつ町のプペル』を原作とした…

  5. 映画『場所はいつも旅先だった』を観に行きました。…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  6. 映画『梅切らぬバカ』を観て思う、何気ない日常の大…

    読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。「本を語る、人…

  7. 映画『ブックセラーズ』

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セ…

  8. 『Coda あいのうた』

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

Twitter でフォロー

PAGE TOP