映画『草の響き』を観ました

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

先日、シアターキノに映画を観に行きました。

タイトルは『草の響き』です。

 

心に不調をきたした主人公である和雄は妻とともに故郷である函館へと帰ってきます。

そこでもうまくいかずに病院にかかったところ医師から自律神経失調症と診断されて、走ることを勧められます。

走ることで体調が良化し、その行為を通して若者との交流がある中で、その裏側もあるのだなと考えさせられました。

 

わたし自身も今でこそフルタイムで働いていますが、調子を崩していた時期というのがありました。

わたしの場合は本で学んで実践をしましたが、わたしも走りました。

家から出て農道の方へ向かいだいたい往復30分くらいだったかと思います。

それだけでも気分がすっきりとして晴れるものです。

和雄のように日々記録をノートにつけたり、雨の日もルーティンが崩れるのが嫌だから走るということはありませんでしたが、走ることでメンタルが安定するのはわたしもその通りだと思います。

 

和雄は順調に回復を見せていきますが、何か出来事が起こるとそれを受け止めることができるかみたいな繊細なところがあります。

世間一般的には喜ばしいと思えるような出来事でも、それには責任が伴ったりと不安な要素もはらんでおり、それによって心のバランスを崩してしまうということもあるかもしれません。

これに関してはなってみないとわからないところもあり、なかなかむずかしいところです。

 

人間の心である以上、波があることは当然のことです。

良くなったり、沈んだりを繰り返すなかで焦らず回復していけたらいいのかなと思います。

 

佐藤泰志さんの小説が原作となっており、函館が舞台です。

原作も読んでみたいですし、函館に行ってみたくなりました。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、よりよい一日をお過ごしください。

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




毎日note更新してます!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


言葉のニュアンスに目を向ける

未来の自分に向けての読書感想文

関連記事

  1. 映画『ドライブ・マイ・カー』

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  2. 『過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい』

    お誘いいただき写真家森山大道さんのドキュメンタリー映画『過去はいつも新しく、…

  3. 『エンジェル、見えない恋人』

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  4. 『手紙』で原作との違いを楽しむ

    映画は好きですか?わたしは学生時代に映画館で寝てしまうという経験を2回し…

  5. 『ワン・モア・ライフ!』

    2021年3月26日にシアターキノに観に行った映画を紹介します。「本を語…

  6. 映画『えんとつ町のプペル』からもらった挑戦する勇…

    2020年12月25日に西野亮廣さんの絵本『えんとつ町のプペル』を原作とした…

  7. 映画『ブックセラーズ』

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セ…

  8. イーディ、83歳はじめての山登り〜遅すぎることは…

    今日は仕事がお休みでしたので、のんびりと過ごそうかなと思っていたところにグッ…

Twitter でフォロー

PAGE TOP