東田直樹『自閉症の僕が跳びはねる理由』

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

先日、シアターキノにドキュメンタリー映画『僕が跳びはねる理由』を観に行きました。

東田直樹さんの『自閉症の僕が跳びはねる理由』を原作にしています。

自閉症というものを聞いたことがあっても彼らがどういう世界観で生活をしているのか、どういう風に他者と関わっているのか気にしたことがなかったので勉強になりました。

言葉を通して伝えることがむずかしくても、文字盤を指すことで伝えている姿が印象的でした。

 

映画の中でも東田さんのエッセイの言葉が引用される形で紹介をされていました。

ということで原作となったエッセイも読みました。

特に印象に残ったのは、「24 自閉症の人は普通の人になりたいですか?」です。

引用します。

自分を好きになれるのなら、普通でも自閉症でもどちらでもいいのです。

東田直樹『自閉症の僕が跳びはねる理由』角川文庫(p61)

自閉症に限らず、病気や障害を持っている人はそれによって自尊心がなくならないようにしていかなければいけないと感じました。

 

自分の知らない世界に少しでも触れるような気がしました。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、よりよい1日をお過ごしください!

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


第73回「本の話をしよう」開催報告!

2021年5月に読んだ本

関連記事

  1. 映画『ブックセラーズ』

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セ…

  2. 岸田奈美『家族だから愛したんじゃなくて、愛したの…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本…

  3. 時間があったら考えて書く

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  4. 映画『ドライブ・マイ・カー』

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  5. 『過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい』

    お誘いいただき写真家森山大道さんのドキュメンタリー映画『過去はいつも新しく、…

  6. 坂口恭平『躁鬱大学』(新潮社)

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  7. 『エンジェル、見えない恋人』

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  8. 『また、あなたとブッククラブで』を観に行きました…

    2021年1月29日に映画を観に行きました。タイトルは『また、あなたとブ…

Twitter でフォロー

PAGE TOP