本を通してフラットに話ができる読書会

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

今回のテーマは、「読書会のメリット」についてです。

以前、このようなツイートをしました。

読書会の魅力は色々あるのですが、そのなかのひとつが「フラットな関係性」だと思っています。

会社の会議だったらどうしても役職というものが邪魔をして思うように発言ができないなんてこともあるのではないでしょうか?

 

読書会にも様々なタイプがあるので一概には言えないかもしれませんが、まず話す時間というものが与えられます。

この時間はディスカッションをする時間ではないので聞くことに徹するのみです。

そう言えば以前いただいた感想で5分も黙って話を聞いてもらえるのって貴重な時間ですよね、というのがありましたが確かにその通りだと思います。

その後に質問や感想のシェアに移りますが、何を言ってもいいかと言われるとそういうわけでもなく本や発表に即した内容になります。

ちょっと自分とは違う考えだなと思っても、間に本があることでいい緩衝材みたいになっているなと感じることがあります。

職場の役職が上の人でも「本ではこう書いてあります」と威をかることができればいうことができることもありそうです。

自分の知らなかった世界を紹介してもらうと同時にその本を読んでみたらもっと世界が広がるための入り口となる一冊まで紹介していただけて嬉しい限りだなと思うことが多いです。

 

次はどんな一冊に出会えるか、お話が聞けるか楽しみです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、よりよい一日をお過ごしください。

(eye catching photo by chiho)

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




noteもやっています!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


映画『ドライブ・マイ・カー』

致知若獅子の会「2021年8月会」に参加をしました。

関連記事

  1. 自分にとって最適な読書環境を見つける

    あなたはいつ本を読んでいますか?今回は「本を読む環境」について書いていき…

  2. その本を実践してみたらどうなるかを考えてみる

    https://twitter.com/shogogo0301/status…

  3. 本を読むモチベーションをどうやって維持するか。

    本って習慣化させるのは大変なところがあるかもしれませんが、なってしまうと逆に…

  4. 情報は相手に届いてこそ意味がある

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  5. 本はなるべく手元に置いておきたい

    年間の読書量は150冊から200冊くらいになります。基本的には新刊本を購…

  6. 本を読むことは未来に対する自分への投資だ。

    先日このようなつぶやきをしました。https://twitter.com…

  7. 本の感想は無理して書かなくていい

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  8. 本を読む人と読まない人に分ける意味って?

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

Twitter でフォロー

PAGE TOP