一流のお客さんでありたい

イベント情報







読書会等のイベントは お知らせ をご覧ください。



メールでの参加申し込みは、



読書会の申し込みは「こちら」からどうぞ。

参加希望日を入力の上ご連絡ください。

今日のブログ

こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

読書会の開催や発信活動を通して、本の魅力や読書の素晴らしさを伝えています。

 

先日、レジで会計をしていました。

隣のレジの方がちょうど終わったタイミングのようで去り際に、「良い接客でしたね」と言っていました。

わたしはこのとき、きっと店員さんうれしいだろうなと思いました。

わたしは接客業をしています。

日々様々なお客様と接点を持ちます。

ていねいに案内をしていても時間がかかってしまうことはありますし、不愉快な思いをさせているなんてことももしかしたらあるかもしれません。

たとえ、接客がいいですねと褒められたところでその人と自分との関係で終わるので給料がアップするなんてことはきっとないでしょう。

でも、こういう受けてもらった案内がよかったと思ってもらえることが接客をしているうえで一番嬉しいことだろうなと改めて感じました。

 

接客業をするようになってから、自分がサービスを提供する側のときにうれしいと思っていることをわたしはなるべくするようになりました。

買い物かごを出すときは方向を意識して「お願いします」と言い、会計が終わるときには「ありがとうございました」と言っています。

恥ずかしがり屋なので小さな声でボソッというくらいですが、ちゃんと頭を下げるようにしています。

本を買うときにはバーコードを付いている面を上にし、小さい本から重ねておいています。

これはあくまでもきっとそうしたほうがバーコード読み取りやすいだろうなという想像です。

 

わたしは接客業をするようになってお客さんという立場のときの姿勢が変わりました。

来てほしいお客様を想像するうえで大切なのはまずは自分がその客の立場のときにどう振る舞うかが大切なのではないかと思っています。

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


保坂和志『書きあぐねている人のための小説入門』(中公文庫)

『READING LIFE VOL.3』(海の出版社)

関連記事

  1. 何かにとらわれすぎずに柔軟に

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。本へ…

  2. ハプニング!水が出ない!

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  3. 発する言葉を大切にする

    「人生は言葉のレストラン」レストランで注文したメニューと違うものが出てこない…

  4. 続けられる方法で続ける

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  5. あなたに向かって書く

    なぜだろうと考えてみました。何についてかと言いますと、わたしがブログを…

  6. 今降っている雨に対する考え方って?

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、札幌ゼロ読書…

  7. モノの見方を変えてみる

    毎日ブログを更新することを目標にしています。札幌で読書会をやってます、井…

  8. 上手に息継ぎできるように文章を書きたい

    わたしは文章を書くのが好きです。好きになったのは小学生の頃の作文でした。…

Twitter でフォロー

PAGE TOP