自分の中に編集者の視点をもつ

イベント情報







読書会等のイベントは お知らせ をご覧ください。





読書会の申し込みは「こちら」からどうぞ。

参加希望日を選択の上ご連絡ください。

今日のブログ

日々、読書会の開催をはじめ、ブログ、SNSや Podcastでの発信活動を通して本の魅力や読書の素晴らしさを読書セラピストの肩書きで伝えています。

本が好きな方を見ていると、書く意欲の高い方をよく目にします。

私もその中の1人でもあります。

ただ、できないなら受け手のままでいるのもひとつの選択肢です。

私には物語の創作意欲というのはあまりありません。

書くとすれば、読書セラピストの肩書きを押し出せるような「本の魅力や読書の素晴らしさ」を伝える本です。

これまでにブログでも本について書いてきただけでなく、読書そのものについても色々と書いてきました。

書き下ろしにしなくてもこれらをうまく組み合わせれば一冊の本になりそうな気がしています。

しかし、このまとめるという作業になかなかやる気が起きないのです。

 

学生時代はノートをしっかりと取っていました。

それが成績に反映されていたとは思いません。

ただ、このまとめるという視点は編集者に必要だと思います。

著者と一緒に伴走しつつ、俯瞰的に眺めるのが役割だと考えています。

 

利益を出すことが目的なら有料販売や電子書籍を前提に書くのが良いと思います。

私は紙の本が好きなので、製本したいと考えています。

どういう判型なのはまだ定まっていません。

そもそも原稿がないと始まらないので、お尻を叩いて進めていきたいと思います。

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


これからも人生に向き合い学び続けたい

日本語はだれのもの?

関連記事

  1. 私がよりよく生きるために考えたこと

    毎度同じになってしまいますが、最近は調子が良くも悪くも言えない微妙な感じの日…

  2. 応援され、応援する読書会を目指して。

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。今年…

  3. もっともっと書きたい

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  4. 文章を書くこととパンを作ること

    文章を書くことは料理をすることに似ているということを以前書いたかと思います。…

  5. 「マイナス×マイナス=プラス」を文学的に表現する…

    数学はお好きですか?「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催…

  6. 誕生日とは、そういうこと。

    「私の誕生日のちょうど100年前が芥川龍之介の誕生日です」読書会冒頭での…

  7. 「誰に」に向かって書くかが大事!

    昨日は友達の主催する勉強会「ゼロ会」に参加をしました。午前中にも読書会に…

  8. Bibliobattle of the Year…

    うれしい報告があります。タイトルにもありますようにこの度、Bibliob…

Twitter でフォロー

PAGE TOP