掛け算の答えは無限大になる。

イベント情報

読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。

Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、

お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。

参加者の数だけ読書会は答えが出てくる

昨日の読書会のテーマは書道でした。

やることになったきっかけは偶然でした。

読書会に来ていただいた方の好きなことや得意分野と絡めて開催できたら面白いなと考え、実現しました。

読書会における本の役割はコミュニケーションツールと考えています。

読書会の魅力はなんといっても1人で読むだけでは気づくことのできなかったものに出会えることです。

その一つの道具として本があるわけです。

主役は本ではなく、参加される皆さんです。

であれば、参加される皆さんの好きなことや得意分野を掛け算すれば答えは無限大にあるのではないかなと考えています。

実際のところ、昨日の書道を絡めた読書会は本以外の道具をメインに使ってやるはじめての読書会でどうなるかなと不安なところがありました。

結果的には自分も楽しむことができ、自然と対話が生まれていたので良かったのかなと思います。

本には色々な魅力や楽しみ方があります。

そんな楽しめる掛け算のかける数を探しています。

こんなことやってみたら面白そうというのがあったら連絡頂けると嬉しいです。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




自己紹介


2017/12/11 「言葉と文字をあじわう」読書会開催しました!

日記を書くことは小銭の貯金のようなもの。

関連記事

  1. 文章は最後まで読まなくたっていい。

    毎日何かしらの文章を書くことを自分への課題にしています。札幌で「本を語る…

  2. 一つの手段としての書籍

    書きたい気持ちはあるんだけど、何を書こうかなということが多々あります。…

  3. 習慣化のために小さな行動を積み重ねる

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  4. 習慣化のコツは行動を小さくすること

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  5. 本を通して、自分を見つめる読書会に。

    札幌もだいぶ寒くなってきましたね。わたしの部屋の温度は10度になっていま…

  6. 上手に息継ぎできるように文章を書きたい

    わたしは文章を書くのが好きです。好きになったのは小学生の頃の作文でした。…

  7. 質問箱で答えを考え思考をを育てる

    ここ最近続いてきた腰の痛さがだんだんと和らいできました。腰が痛いとすぐに…

  8. 成長する秘訣は、打席に立ち続けること。

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

Twitter でフォロー

PAGE TOP