NOスクリーンタイムをやってみた!

イベント情報

読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。

Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、

お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

本というのは人そのものだと思っています。

親友のような人もいれば、挨拶程度の本もいるように付き合い方は人それそれです。

本も同様にずべての本から何かを学び取らなければいけないわけでもなければ、読んで楽しかったというだけでもいい。

もっと言えば最後まで読めなくても全然いいと思っています。

それでも、わたしが本を読む際に大事にしていることは、「一冊の本から一つの気づきと一つの行動を」というものです。

これができなかったらダメというわけではないのですが、せっかく読むならという最低ラインがこちらになっています。

ふたり読書会をやりました。

課題本は松浦弥太郎さんの『しごとのきほんくらしのきほん100』でした。

今回は一つ一つ読み合わせをするような形で進めていきました。

気づきは多く得られたのですが、今回実践してみたのは、「082今日はNOスクリーンディ。」をヒントにスクリーンを見ない時間をつくるというものです。

私たち現代人は、パソコン、スマホ、タブレット、テレビとあらゆるスクリーンに囲まれて生活をしています。

人間らしいしなやかさみたいのがそういうスクリーンによって失われている面もあるかもしれないと思い、やってみることにしました。

日々のToDoはしっかりとやりたかったので、今回は寝るときから昼過ぎまでという限定でやってみました。

結果としてわかったことは結構なスマホ依存体質になっているんだなと感じたのが一つめでした。

一時を争う連絡なんてそうそうないはずなのですが、それがもしかしたら今日くるんじゃないかという感覚がなんとなくしてしまうのです。

案の定なかったので単なる杞憂でした。

普段気づくことがなかったことに気づけたところがよかったです。

目の前の家の壁紙が素敵な色だなとか、空気清浄機の音って結構するんだなと普段目に向けないところに目を向けることができてなんだか新鮮でした。

人間らしいしなやかさを保つためにも月一くらいでやってみようかなと思います。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




書いている人


本を貸す。可愛い「本」には旅をさせよ!

本と映画の良い関係性

関連記事

  1. 制限の中で

    コロナウイルス関連の話題で持ちきりですね。札幌で「本を語る、人と繋がる」…

  2. 文章を書くこととパンを作ること

    文章を書くことは料理をすることに似ているということを以前書いたかと思います。…

  3. 最初の一歩が一番大事

    読書会を月に一度のペースで開催を始めたのが今年の4月でした。少しずつなれ…

  4. 2人でも読書会はできる。

    この間、読書会の打ち合わせのため2人でカフェで読書会のデモンストレーションを…

  5. 本は「脳のサプリメント」

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書…

  6. 成長する秘訣は、打席に立ち続けること。

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  7. 問題にすると問題になる

    コワーキングSaloon札幌をメンバー利用させていただいています。店長の…

  8. 強みと読書

    もし本がなかったらどうなるのかなと少し考えてみました。活字中毒か?わ…

Twitter でフォロー

PAGE TOP