伝えたければ同じ話を何度でもする

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

今回のテーマは「同じ話を何度もすること」についてです。

今でもふと学校時代のことを思い出すことがあります。

あの先生はこんなことを言っていたなということは10年以上経っていても案外明確に思い出すものです。

その先生のどういう言葉を覚えているかというと、それは同じことを何度も耳にタコができるくらい繰り返していたことなのです。

ひとつの大切だよということをあらゆる観点から説明するのではなく、そのことが大事だということをひたすらに繰り返すことでした。

高校のときの担任の先生は一年間「掃除とあいさつをしっかりやろう」とおっしゃっていました。

それを繰り返すことで頭に浸透していきました。

卒業式の日になぜ言い続けていたのかをネタバラシのように教えてくれました。

しかし、それをわたしは忘れてしまいました。

けれども、「掃除とあいさつが大事」という教えは染み付いているので意識して続ける中で自分で答えを見出していけたらいいのかなと思います。

一年間同じことを言い続ければ、誰かにとっては心に残り続ける教訓になるのかもしれません。

 

ちなみにこの考え方は本でも役に立ちます。

本の場合は同じ言葉を何度も繰り返すというよりも、あらゆる角度から説明するという感じが多いかと思います。

伝えたいことを具体例など用いてわかりやすく説明しています。

その本の中での重要な伝えたいことというのは、4〜11%ほどだそうです。

角を折ったり、線を引いたりしながら読みますが、確かに分量としてはこれくらいかなという感覚はあります。

大事なこと、主張したいことは何かなとアンテナを張り、具体例は何の具体例か意識をする、それらを知った上で緩急をつけながら読んでみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、よりよい1日をお過ごしください!

(eye catching photo by chiho)

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




音声でも本の紹介をしています

noteもやっています!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


偶然の出合いを求めるなら街の本屋さん行こう!

努力は積み上げ、続ける。

関連記事

  1. 「#読書ってかっこいい」ってかっこいい。

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  2. ブログをリニューアルしました!

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカラで…

  3. 自分だったらどうするかを考えながら本を読む

    本を読んだ後で、一番大事なことはそこから何を学んだのかを振り返ることだと思っ…

  4. 理念を共有して仲間を集める

    普段はスポーツクラブで働いています。平たくいえばサービス業と言えます。…

  5. 書くことについて語ってみる

    しばらくとは言っても一週間ほどですが、ブログの更新が滞ってしまうと、どうすれ…

  6. 好きが得意に、専門に。

    本が好き。良い意味でいうと分野が広くて、受け皿が大きくて良いのかもしれな…

  7. 一つの手段としての書籍

    書きたい気持ちはあるんだけど、何を書こうかなということが多々あります。…

  8. 友遠方より来る

    昨日は朝の9時から友達と待ち合わせをして、カフェでのんびりと話をしました。…

Twitter でフォロー

PAGE TOP