偶然の出合いを求めるなら街の本屋さん行こう!

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

今回のテーマは、「本屋さんで本を見つける楽しさ」についてです。

あなたはどのように読む本を選んでいますか?

わたしの場合、読書会でオススメされているのを聞いて手に取ることも多いのですが、やはり自分で興味をもって読むことが多いです。

ネット書店を断固として使わないというスタンスではなく、時と場合により使い分けます。

お気に入りの作家さんで迷わず買うというものに関してはネット書店で頼むことが多いです。

かと言って買う本全てをネット書店にしようとは思いません。

街の本屋さんには街の本屋さんの魅力があります。

実物としての本を眺めるとこんな本があるんだと気づいたり、装丁から「読んで!」と呼びかけてくるような本もあります。

ネット書店にもリコメンド機能はありますが、あくまで検索結果の履歴や過去に購入した形跡からお勧めをされていることが多いでしょう。

偶然の出合いを求めるならば絶対的に本屋さんがおすすめです。

 

今でこそ全作品を読破した東野圭吾さんですが、その出会いも本屋さんでした。

忘れもしません。

高校の帰り道に紀伊国屋書店に寄りました。

平積みされているのに目が止まりました。

同じ「吾」が入っている作家さんだから買ってみようかなと手に取ったのが東野圭吾さんの『流星の絆』でした。

それまでミステリーをあまり読むこともなく、もちろん東野圭吾さんも知りませんでした。

それをきっかけに手に取りどんどんハマっていきました。

 

読書好きは本屋さんで散歩も楽しいかもしれませんね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、素敵な一日を!

(eye catching photo by chiho)

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




noteもやっています!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


1%のひらめきって大事!

伝えたければ同じ話を何度でもする

関連記事

  1. 自分にとって最適な読書環境を見つける

    あなたはいつ本を読んでいますか?今回は「本を読む環境」について書いていき…

  2. その本を実践してみたらどうなるかを考えてみる

    https://twitter.com/shogogo0301/status…

  3. 本を読むモチベーションをどうやって維持するか。

    本って習慣化させるのは大変なところがあるかもしれませんが、なってしまうと逆に…

  4. 情報は相手に届いてこそ意味がある

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  5. 本はなるべく手元に置いておきたい

    年間の読書量は150冊から200冊くらいになります。基本的には新刊本を購…

  6. 本を読むことは未来に対する自分への投資だ。

    先日このようなつぶやきをしました。https://twitter.com…

  7. 本を通してフラットに話ができる読書会

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  8. 本を読まない理由をつくらない

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

Twitter でフォロー

PAGE TOP