本を貸す。可愛い「本」には旅をさせよ!

イベント情報

読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。

Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、

お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

あなたはどのように本を読むことが多いでしょうか?

図書館を利用する方、古本屋さんで買う方、新刊本として買う方、どれか一つでなく色々使い分ける方などたくさんあると思います。

人から借りて読むというのも一つの手かなと思っています。

わたし自身本がとても好きなので、借りることもあれば貸すことあります。

今日はその貸し借りで大切にしていることについて書こうと思います。

借りたら読む

まず大事にして欲しいのが、借りたら読むということです。

なんだそんなこと当たり前じゃないかという方は読み飛ばしていただいて結構です。

読むスピードは人それぞれだと思っていますし、読みたいと言って借りたとは言え普段本を読まないという方にとってはなかなか読み進められない場合もあると思います。

そういう場合は気が向いたときにちょこちょこと読んでいく感じで大丈夫です。

わたしの周りの読書家さんに、いつ本が帰ってくるの? と言ってくる方はいらっしゃいません。

(昔、本を返して欲しいときは「あの本、読んだ?」と聞けと書いてあるのを目にしたことはあります)

読書家さんは一応にして寛容であると思っています。

まずは自分のペースでゆっくりと読んでください。

読んで返すときにはできれば感想を一緒に伝えてもらえると貸した人はとても喜びます。

メモ書き一行でもいいので、読んだ感想を書いてみてください。

読みながらでも出来ることとして、付箋紙を貼るというのがあります。

読みながら気になったところに付箋紙を貼るだけです。

返すときに「ここが気になりました」と伝えるのです。

簡単ですがこれだけでもうれしいものです。

本を貸すうえでの心構えは、「本」を旅させる

本を貸す側になったときに大切にしたいのは、「本」を旅させるという感覚を持つことです。

旅というよりかは放浪かもしれません。

もはや誰に貸したかも覚えていない、読みたいと思って本棚を探しても見つからない、そんな本が何冊もあります。

本が帰ってきたらそれはそれでうれしいです。

貸したことによって、その本に愛着がわくこともあります。

一番やってはいけないことは、先にちらっと書いた「あの本、読んだ?」と聞くことです。

本を読もうと思うタイミング、本を読むスピードは人それぞれです。

貸した本を早く読むことがその人にとっていいことかと言われるとそんなことはないでしょう。

こんなことを書きながら放浪に出た本の行方を想像したりするのです。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




書いている人


ハチの数がちょうどいいと思った話

NOスクリーンタイムをやってみた!

関連記事

  1. あなたに伝えたいことがある。

    わたしは昔から文章を書くのが好きでした。好きなことに気づいたのはつい最近…

  2. 続けやすい仕組みを考える

    人間は習慣の生き物と言われています。習慣が人を作るってやつです。いい…

  3. 好きを仕事にするために

    自分の好きなことをもっと好きになる。好きなことで生きていけたらいいなと日…

  4. YUIさんの柔張るという生き方

    2020年2月21日に開催した第49回「本の話をしよう」@Brown Boo…

  5. アーノルド・ローベル『ふたりはともだち』から学ぶ…

    ふたりはともだち「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催…

  6. 朝に書くという習慣

    わたしは思考の整理のために朝に書くということをしています。札幌で読書会を…

  7. 東野圭吾『真夏の方程式』で、夏を感じる。

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカ…

  8. 同じ情報には何度も触れる

    ブログを書こうと思ったタイミングにいつも思い浮かぶことがあります。それは…

Twitter でフォロー

PAGE TOP