河合隼雄『こころの処方箋』で常識を知る

第27回「本を語る」読書会で紹介した一冊です。

この日、紹介したのは、河合隼雄『こころの処方箋』です。

河合隼雄『心の処方箋』で常識を知る

著者はユング派心理学の第一人者で臨床心理士である河合隼雄さんです。

解説に谷川俊太郎さんが書いてあることがなるほどなと思いましたので引用します。

ひとつひとつの短い文章の題名が、そのまま古くから伝わることわざのように読める

まさしくその通りです。

ことわざというのはいわば「常識」です。

常識ではあるもののはっとさせられたり、なるほどなと思わされるのです。

 

そんなことわざのようなものが55あります。

印象に残ったものを3つ紹介します。

 

  1. 100点以外はダメなときがある

14.やりたいことは、まずやってみる

35.強い者だけが感謝することができる

 

読むとなるほどなと思わせてくれるものばかりです。

癒しというよりは生き方の羅針盤みたいになるものかと思います。

ぜひ手にとってみてください。

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




毎日note更新してます!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


読書家におすすめ本を聞かない方がいい

本と映画、どっちが先?

関連記事

  1. 内なる声に耳を傾けよう

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  2. 朝に書くという習慣

    わたしは思考の整理のために朝に書くということをしています。札幌で読書会を…

  3. 「これからの本屋読本」は本屋に憧れる人のバイブル…

    2017年7月の読書会で内沼晋太郎「これからの本屋読本」を紹介しました。…

  4. 弱さを受け入れる勇気。宮部みゆき『ブレイブ・スト…

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  5. 松浦弥太郎さんから考える、「ていねいな暮らし」と…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカラで…

  6. 筒井康隆『時をかける少女』は時をかけて読まれる小…

    時をかけて読まれる小説札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開…

  7. わたしの読書習慣を変えた1冊。

    朝起きたら、外が白かったです。とうとう冬のシーズン突入といった感じです。…

  8. 雨の音を聴く

    今日の札幌の天気は雨です。一気にザッと降り始め、それからずっと降り続い…

Twitter でフォロー

PAGE TOP