河合隼雄『こころの処方箋』で常識を知る

イベント情報

読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。

Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、

お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

第27回「本を語る」読書会で紹介した一冊です。

この日、紹介したのは、河合隼雄『こころの処方箋』です。

河合隼雄『心の処方箋』で常識を知る

著者はユング派心理学の第一人者で臨床心理士である河合隼雄さんです。

解説に谷川俊太郎さんが書いてあることがなるほどなと思いましたので引用します。

ひとつひとつの短い文章の題名が、そのまま古くから伝わることわざのように読める

まさしくその通りです。

ことわざというのはいわば「常識」です。

常識ではあるもののはっとさせられたり、なるほどなと思わされるのです。

 

そんなことわざのようなものが55あります。

印象に残ったものを3つ紹介します。

 

  1. 100点以外はダメなときがある

14.やりたいことは、まずやってみる

35.強い者だけが感謝することができる

 

読むとなるほどなと思わせてくれるものばかりです。

癒しというよりは生き方の羅針盤みたいになるものかと思います。

ぜひ手にとってみてください。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




書いている人


読書家におすすめ本を聞かない方がいい

本と映画、どっちが先?

関連記事

  1. 自分のペースで本を読もう!

    今回は、「本の読み方」について書いていきます。https://twitt…

  2. 小さな習慣をつくる

    密かにブログを毎日更新するというチャレンジを続けています。札幌で読書会…

  3. 『終末のフール』から学ぶ、明日死ぬとしても後悔し…

    わたしが文章を書こうと思ったときはさて何を書こうから始まります。札幌で読…

  4. 自分の頭で考える

    量は質に転化すると私は思っています。では、ただ闇雲に量をこなせばいいので…

  5. 文章を書くことで未来の自分を救う。

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  6. 続けやすい仕組みを考える

    人間は習慣の生き物と言われています。習慣が人を作るってやつです。いい…

  7. 坪倉優介『記憶喪失になったぼくが見た世界』で、感…

    第56回 札幌ゼロ読書会「本の話をしよう」を開催しました!わたしが紹…

  8. 松浦弥太郎さんから考える、「ていねいな暮らし」と…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカラで…

Twitter でフォロー

PAGE TOP