藤井孝一『読書は「アウトプット」が99%』から考える、良書とは何か?

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカラで癒しと安らぎを与える読書療法士の井田祥吾(@shogogo0301)です。

「人生を変えた本はありますか?」と聞かれたらなんと答えますか?

結構迷いますよね。

本には人生を変える力があると思っています。

でも、実際にはその本を読まなかった人生と比べることはできないのでわかりません。

読んでよかったと思っても、後になってすっからかんに忘れてしまっては意味がありません。

そういう意味ではなんども読みたくなる本、何度読んでも気づきがある本というのが良書であり人生を変えてくれるのかもしれません。

 

藤井孝一さんの『読書は「アウトプット」が99%』は何度読んでも新たな気づきが得ることができて、これに次は挑戦してみようと思わせてくれる一冊です。

具体的には初読で、読書メーターに感想も付け加えてアップするようになりました。批判のコメントがくるのではないかとビクビクしていましたが、やさしい世界でした。

2回目で読書会の存在を認識しました。「札幌 読書会」で検索をして緊張しながら申し込みをしました。そこはあたたかな世界でした。

それから読書会を開催するようになり、今一度読み返して改めて書評にチャレンジしたいと思いました。

書評というのはハードルが上がります。

普通のブログは読んでもらえたら及第点だと思っています。

書評となるとそこに加えて読みたい、なんなら買ってもらうところまでもっていくのを目標にしているからです。

色々勉強していこうと思います。

しるし書店にもあげていますのでよければご覧ください。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


第57回「本の話をしよう」@Brown Books Cafe開催しました!

ガース・ウイリアムズ『しろいうさぎとくろいうさぎ』から考える、想いの伝え方

関連記事

  1. 夏目漱石『硝子戸の中』から学ぶ死生観

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  2. 人生で大切なのは、どう感じて行動するか。

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  3. 川村元気『仕事。』、「仕事。」楽しんでいますか?…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカラで…

  4. 本を読んだらまず実践する

    今日はわたしが本を読むときに大切にしていることについて書いていこうと思い…

  5. 好きを仕事にするために

    自分の好きなことをもっと好きになる。好きなことで生きていけたらいいなと日…

  6. 世の中は仮説だらけ⁈

    第39回 読書会「本の話をしよう」で私が紹介した本の紹介です。札幌で…

  7. 致知から学ぶ「幸せの法則」

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  8. 言葉にすることは自分と向き合うこと

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。言葉…

Twitter でフォロー

PAGE TOP