ヨットは風を利用して前に進む

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

わたしは平日休みです。

お休みの前の夜というのがとても好きです。

夜更かしはなるべく避けようとしていますが、しても大丈夫という感覚でいれるのがとても良い心地です。

札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで癒しを与えるビブリオセラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

 

4月の読書会をどうしようかなと考えていました。

オフラインで人数が集まるのはまだ避けたほうがいいかなと思っていました。

オフラインでやるにしても普段と勝手が違うのでどうしようかなと悩んでいました。

そうしてズルズルと日にちだけが経っていくという感じでした。

 

そんなところ普段はビブリオバトルやリードフォーアクション 読書会の開催場所でお世話になっているSALOONのスタッフさんからオンライン読書会やらないの? と打診をされました。

そうするとやろうと決心がつきました。

これってキングコングの西野亮廣さんが言っていたヨットの話に似ているなと思いました。

ヨットというのは風を利用して進みます。

向かい風の時は帆の角度を調整してジグザグに進みます。

風を利用して前に進むことができるのです。

一番厄介なのは無風です。

今回のコロナウイルスというのは無風ではなく、逆風です。

あらゆる分野で何かを見直す、発展させるきっかけになるのかもしれません。

わたしもオンライン読書会という新たな可能性に目をつけてチャレンジしてみようかと思います。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


東野圭吾『さいえんす?』を読んで考える。「本は誰が作っているのか?」

夢からヒントを得る

関連記事

  1. 繰り返すことは信念である

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  2. 習慣化のコツは行動を小さくすること

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  3. 読書術の専門家になりたい。

    あなたには好きな本のジャンルはありますか?もしかしたら本イコール小説なん…

  4. 自分の居場所は自分でつくる

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  5. 実践したい最高のボランティア

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  6. もっと書くことを気楽に

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。そう…

  7. こんなときだからこそ

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  8. 「マイナス×マイナス=プラス」を文学的に表現する…

    数学はお好きですか?「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催…

Twitter でフォロー

PAGE TOP