日本語はだれのもの?

イベント情報







読書会等のイベントは お知らせ をご覧ください。





読書会の申し込みは「こちら」からどうぞ。

参加希望日を選択の上ご連絡ください。

今日のブログ

今回紹介する本は、温又柔(おんゆうじゅう)さんが文、きたしまたくやさんが絵を担当されている『日本語に住みついて』(シナノパブリッシングプレス)です。

2023年11月に神戸を訪れた際に購入をした一冊です。

読んでいてこの本どこかで読んだことあるなと思うことがあります。

基本的には読みたいと思った本を含めた本の管理は読書メーターを使っているので同じ本を2冊購入したことは今のところないです。

 

調べて見ると以前、温又柔さんの本を読書会で紹介していただいたことがあったようです。

台湾の出身ですが、3歳から日本に住んでいるということで、何かを表現するのに日本語は欠かせないものになっているとのことです。

それでも自己紹介をすると日本人の名前ではないことから「日本語がお上手ですね」と言われるそうです。

小さい頃からずっと使ってきた言語を上手ですねと言われるのはなんだか違和感があります。

日本語を使うというのは日本人に与えられた特権というわけではありません。

わたしは日本語の素敵な表現に出合うとよかったなと思いますが、それは別の言語に触れていても感じることはきっとあると思います。

日本の島国という特性もあるとは思いますが、気づかずのうちに外国との壁を高くしてしまわないようには気をつけたいものだと感じました。

 

商品はこちらから

https://sunnyboybooks.net/items/637733cbf3de5c772df86b38

 

 

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


自分の中に編集者の視点をもつ

豊かな経験が小説を読むときに生きる

関連記事

  1. 関口良雄『昔日の客』(夏葉社)

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  2. 移動こそが旅の醍醐味である

    旅が好きです。コロナ禍ではなかなか遠くに出かけることはありませんでした。…

  3. 上田信治『成分表』(素粒社)

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

  4. SATORI『別世界』

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

  5. 生と死を考える

    2023年11月末に城崎温泉に行きました。そちらで、志賀直哉『城の先にて…

  6. 藤村忠寿『人の波に乗らない 笑ってる場合かヒゲ』…

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  7. 続けることの大切さを感じる一冊

    毎年楽しみにしている冊子があります。今回紹介する、『Brown Book…

  8. 河合隼雄+大牟田雄三『ウソツキクラブ短信』から学…

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。本の魅力や癒しの効…

Twitter でフォロー

PAGE TOP