川代紗生『私の居場所が見つからない。』(ダイヤモンド社)

イベント情報



次回開催が決まりましたらお知らせします。

読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のブログ

こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。

読書セラピストとして本の魅力や読書の素晴らしさを伝えています。

また、「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会の主宰や人間学を学ぶ月刊誌である『致知』の読書会である北海道致知若獅子の会の世話人もしています。

 

今回紹介する本は、川代紗生さんの『私の居場所が見つからない。』(ダイヤモンド社)です。

 

川代さんは天狼院書店のスタッフでありながら、現在はフリーのライターとしても活躍されています。

天狼院書店のウェブメディア内のブログ「川代ノート」はわたしも大好きでよく拝見していました。

その川代ノートの記事を加筆修正して出されたのがこの一冊になります。

 

川代さんとは実際にお会いしたことがあります。

2018年の12月に札幌で開催された天狼院書店の出張ゼミでお会いをしてお話しすることができました。

遠い過去のようです。

 

天狼院書店のサイトから申しこみ、サイン本を手にしました。

 

中心のテーマに据えられているのが「承認欲求」です。

わたしも川代さんと同じくゆとり世代に分類されるので、この感情に振り回されることがあります。

SNSが好きな時点で自然とそういうものなのかもしれませんが、しないように気をつけていても反応やフォロワー数が気になってしまうものです。

捨てなさいとか気にするなと言われることが多いですが、川代さんはこの感情にしっかりと向き合いしっかりと結論を出されています。

それがあるから自分を自分たらしめているところがもしかしたらあるのかもしれません。

 

その他、色々な感情や人間関係に目を向けて書かれています。

自分の内面をしっかりと見つめてえぐるような感覚がしました。

人によっては重くのしかかるように感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、最後はポジティブに抜けているので読後感としては爽やかでよかったです。

 

わたしも書くことが好きです。

動画や音声メディアにもチャレンジしてみましたが、やはり書くことが好きです。

書くことが内省を深めることにつながり、自己療養につながるのだと改めて感じました。

わたしもこれからも書くことを楽しみたいと思いました。

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


安野光雅『もりのえほん』(福音館書店)

第84回 読書会「本の話をしよう」開催報告!

関連記事

  1. 自分を支える杖を大切に

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  2. 藤村忠寿 嬉野雅道『仕事論』(朝日文庫)

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  3. SATORI『別世界』

    こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとし…

  4. 鈴木優香『20220624-20220709・K…

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  5. 『Brown Book vol.9』

    今回紹介する本は、『Brown Book ブラウンブック vol.9』です。…

  6. サン=テグジュペリ 渋谷豊 訳『人間の大地』(光…

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  7. 時間があったら考えて書く

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  8. 『使いみちのない風景』

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、札幌ゼロ読書…

Twitter でフォロー

PAGE TOP