筒井康隆『時をかける少女』は時をかけて読まれる小説である

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

時をかけて読まれる小説

札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで癒しを与えるビブリオセラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

今回は第28回「本の話をしよう」で紹介した、筒井康隆『時をかける少女』について書きます。

筒井康隆『時をかける少女』

この日のテーマは「出会いと別れ」でした。

この記事のタイトルにもつけましたが、この本はとても長く読み継がれているロングセラーであります。

諸藩は昭和51年でした。

映画化も多くされているので世代によってヒロインが違うのではないかと思います。

わたしはこの表紙の細田守監督作品のアニメ映画がお気に入りです。

ストーリーはオリジナルなので本も映画も楽しめるのではないかと思います。

 

あらすじとしてはテレポートとタイムリープの能力を身につけた少女がそうなったきっかけを探っていく話です。

この小説でキーポイントになるのはある花の香りです。

なぜその花が使われるのかなと思ったのですが、花言葉を調べて納得をしました。

あたたかな心地を残してくれる一冊です。

読んだらぜひ花言葉を調べてみてください。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


4月23日は「世界本の日」、本を読もう

葉書を書けば人生が変わる

関連記事

  1. 「あの時に戻れたら」と後悔しない生き方をする

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  2. 伊坂幸太郎作品の名言に偶然出会った話

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  3. ラブという薬

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。20…

  4. 植松努『空想教室』〜どうせ無理をなくす〜

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  5. 「なぜドリル」をやってみた!

    つい先日、毎日ブログ更新頑張りますという記事を書きました。札幌で読書…

  6. 夏目漱石『硝子戸の中』から学ぶ死生観

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  7. 西野亮廣『新・魔法のコンパス』は未来を生きるため…

    西野亮廣『新・魔法のコンパス』は未来を生きるための教科書だ!第50…

  8. 世の中は仮説だらけ⁈

    第39回 読書会「本の話をしよう」で私が紹介した本の紹介です。札幌で…

Twitter でフォロー

PAGE TOP